♂&♀

イケないときに使える!リアルな「イッたふり」の方法

 自分は、大好きな彼氏とエッチできるだけでもじゅうぶん幸せ! 一方で彼氏は、イカせることに無我夢中! そんな温度差に悩んでいる女性も多いでしょう。

なかなかイケない女性 ラブリサーチのアンケート『エッチのとき、「イッたふり」をしたことはありますか?』では、76.1%の女性が「はい」と回答しました。というわけで、イケないときに備え、リアルな「イッたふり」と向き合ってみましょう。

===============
Q.エッチのとき、「イッたふり」をしたことはありますか?

・はい(80名)
・いいえ(25名)

回答時期:2016.11.10~2016.12.03
総回答数:105名
===============

この記事はこんな人におすすめです



「エッチではイキにくい」
「彼氏が『イクこと』を重視する」
「エッチのムードを大事にしたい」


イッたふりの理由



1. 男性が「イッた?」と確認する理由

 彼氏から「イッた?」と確認されるたびに、「どうして私がイクことにこだわるのかしら?」と、首を傾げる女性も多いでしょう。「射精」という、わかりやすい現象を伴う男性の「イク」に比べて、女性の「イク」はわかりづらいため、彼氏にとっては、果たしてあなたがイッたのか、非常に気になるところなのです。

2. 女性が「イッたふり」をする理由

 寄せられたアンケートへのコメントでは、「早く終わらせたいときにイッたふりをする」という回答が目立ちました。ピストン運動が長時間に及ぶと、性交痛が発生する場合もあります。とは言え、「痛い」とは言いづらいですよね。彼氏を思いやる、「優しい嘘」として、イッたふりをする女性は少なからず存在するようです。

Point:イッたふりは彼氏を思いやり。イケないときの対処法として「優しい嘘」が時に必要な場合もあります。

リアルな声の出し方



1. 声の大きさ

 アンケートへのコメントによると、喘ぎ声のボリュームを大きくしていく女性が多いようです。ひとりエッチでイクときは、声を出さない女性でも、エッチでの「イッたふり」は、「わかりやすさ」が大事。隣近所に聞こえない程度のさじ加減で、上手にボリュームUPを図りましょう。

2. 声の高さ

 地声にもよるので一概には言えませんが、「高めの声」のほうがおすすめ。声の高さは、気持ちや快感度の高ぶりを表現することに繋がります。キンキン声にならないよう、そのへんの調節にも気を配ってくださいね。

全身の力の入れ方



1.上半身(腕/手)

「背中に回した手の爪を立てて、彼に強く抱き付きます」というアイディアが寄せられました。ボディランゲージという言葉がありますが、身体を駆使することで、より「感度が高まっているんだな」という雰囲気を伝えることができます。

2.下半身(脚/腰)

 多かったのが、「身体を反らせる」という声。腰の部分を反らせるような動作をとることで、股間部分の快感が強まっていることを表現しましょう。また、脚を真っ直ぐにピンと伸ばすのもおすすめです。ひとりエッチのとき、脚をピンと伸ばした体勢でイク女性が多いことを、男性陣も知っているので…。

膣の締め方



1. お尻の穴に力を入れる

 膣に力を入れるって、イマイチよくわからないですよね。ビギナー女性はまず、お尻の穴をキュッと締めるところから始めましょう。お尻の穴と膣の位置は近いので、お尻の穴の感覚が膣にも連動し、締め付け感が増します。

2. 内ももを締め付ける

 お尻の穴だけでなく、慣れてきたら内ももにも力を入れてキュッキュッと締める動作をお試しください。イメージが大事です。膣だけでなく、下半身全体で男性器を締めつけるような感覚で行ないましょう。

仕草



1. 息遣いを荒くする

 息遣いを荒くしましょう。アンケートへのコメントにも、「息が止まりそうな仕草」「呼吸を速く」「イッタあとは『ハァハァ…』。演技だとはバレません!」など、息遣いに関する工夫が多数寄せられています何秒か呼吸を止めることで、自然に荒々しい息遣いが漏れてくるでしょう。

2. カラダをビクビクさせる

 カラダを、痙攣状態が起こったかのようにビクビクさせるという声も多かったです。実際に、イクことでカラダがビクビクなることってありますよね。あのときと同じ状態を再現させましょう。

まとめ



「イッたふり」は、決して悪いことではありません。エロティックなムードを壊さないためにも、ある程度の演技は必要不可欠! イケないときの対処法として、頭の片隅にとどめて頂けると幸いです。

▼ライター:菊池美佳子さんプロフィール
1977年3月17日生まれ。20代の頃に様々なナイトワークを経験、男女の性愛について身をもって学ぶ。引退後はコラムニストに転身。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★イッたフリするべき? イキたいのにイケないエッチの対処法
★彼と一緒にDVD鑑賞! カップルにおすすめのエッチシチュエーション
★タイミングを合わせるには? 彼と同時にイク方法

あなたにおすすめ