♂&♀

恐怖の生理後エッチで絶頂!彼のオーラルが止まらなくなる秘密

 生理が終わって楽しみにしていた彼とのラブタイム。それなのに、オーラルされることをためらったことはありませんか?

 生理直後は、どうしてもアソコのニオイが気になってしまうもの。本当は彼の熱い舌で愛撫して欲しいのに、つい舐められるのを断ってしまうことも……。

幸福なカップル 大好きな人から丁寧に舐められる瞬間は、肉体的な快感だけでなく、すべてを愛されているという幸福感も感じ、心身ともに満たされます。だから、女性にとって、クンニはオーガズムを迎えるために欠かせない前戯。

 そんなクンニがないセックスは、物足りなさを感じる女性も少なくないでしょう。できることなら、どんな時でも自信をもって、彼の熱い舌を受け入れたいのが本音。アソコのニオイを気にすることなく、オーラルの快感に没頭し、いつでも絶頂を迎えたいですよね。

いつでも彼の舌を受け入れられる秘密を
今すぐ知りたい! >>>


女性の体臭は月経周期に合わせて変化



「普段はあまり気にならないのに、生理前後はニオイがキツくなる……。」という女性も多いはず。汗博士/医学博士の五味常明先生によると、女性の体臭は、月経周期に合わせて微妙に変化するそうです。

 例えば月経前は、ホルモンの影響で分泌される皮脂が多くなり、出口が詰まって脂肪酸が酸化してしまいます。この詰まった皮脂が汗と交じることにより、体臭自体がすっぱく感じるニオイになることも。さらに、おりものの量も増えて体温も高くなるため、陰部が蒸れ、雑菌臭が発生しやすくなります。

女性と月 そして生理期間中は、主に蒸れた経血がニオイの原因になります。経血自体は無臭なのですが、長時間替えないままにしてあるナプキンやタンポンにより陰部の湿気が増えて、ニオイの原因となる雑菌を発生させてしまうのです。あまりに強すぎると体臭に勘違いされてしまうかもしれません。

 さらに、生理の後のニオイの原因となるのが、膣内に残っている経血による雑菌の発生です。その上、女性は生理中はニオイに鈍感になると言われているので、その反動もあって、生理が終わるとニオイに対して余計に敏感に反応してしまうようです。

 生理直後のセックスで、オーラルされることに抵抗感が生まれてしまうのは、このような雑菌と、ニオイの感じ方の変化が原因の一つとなっています。

男性が気になった女性のニオイ、1位は断トツでアソコ



優しいキス では、実際にクンニする側の男性は、女性のニオイについてどう思っているのでしょうか? LCラブコスメが男性91人にアンケートを実施したところ、「女性のニオイが気になったことがある」という男性は約7割にも及びました。

 ニオイが気になった部位ワースト3は、以下の通りです。

第1位・・・デリケートゾーンのニオイ(48人)
第2位・・・髪の毛のニオイ(20人)
第2位(同率)・・・足のニオイ(20人)

 なんと、男性にとってもっとも気になる女性のニオイは、断トツでアソコであることが判りました。

 さらに、約86%の男性が「クンニが好き」というアンケート結果がある一方で、2人に1人の男性が「デリケートゾーンのニオイを彼女に言えずに我慢してしまったことがある」と回答しています。

 下着を脱いでアソコがあらわになった瞬間、モワッっとこもったニオイが解き放たれると、いくらクンニ好きの男性でもためらってしまいます。「あまりに臭くて彼女に言えなかった」「テンションが一気に下がった」「クンニはすぐ止めてすぐに挿入へ進んだ」という声が驚くほど多かったのです!

男性の本音を
もっと見る! >>>


彼が「石鹸みたいな、いい匂いでおいしかった!」



ベッドでキス 自分が思っている以上に男性はニオイに敏感。自分自身でさえ不快なニオイを感じることもあるアソコに、クンニのとき彼が顔を埋めて、直に嗅ぐことを考えると……ヒヤッとしてしまいませんか?

 しかし、安心してください。生理後でもためらうことなくクンニを受け入れられるアソコを手に入れて、彼とのセックスを楽しんでいる女性たちもいるのです! 彼女たちの経験談を紹介しましょう。

==================
「生理前とか、ちょっと体調が悪いと、彼に『今日はめずらしくちょっとニオイがする。生理近いのかな?』と言われ、やっぱりちょっとお手入れした方がいいのかな、と思い、ケアを始めました。

“石鹸で3分パック”だけで、本当に効果を実感できるのか……実は半信半疑でしたが、手元に届いた日からとりあえずケアをスタート。

 その後、待ってましたとさっそく彼とセックス。『生理終わったばっかりでニオイするかもしれないから……』と、“口でしないで”アピールをしてみましたが、彼は止まらず…長い時間ずっと口で攻められ続けました。

 気持ちよすぎて、話ができる状態ではなくなり、挿入の直前に『ニオイしなかったの…?』となんとか尋ねてみると『ぜんぜん!! なんか石鹸みたいな、いい匂いでおいしかった!』と、言うや否や、わたしの中に彼が入ってきて……いつもの様に、挿れながらの激しいキス。

 生理明け直後なのに?? これはやっぱり“3分パック”のおかげかも! と思いながら、その後、彼とたっぷり愛し合って……。

 毎日、ケアするのが楽しくて仕方ありません。脇の下のニオイも、夕方自分で服の中を臭ってみますが、気になりません! 本当にすごい!!」(はるさん / 31歳 / ピアノ演奏家)
==================

手つなぎキス==================
「私はムレやおりもののニオイ、生理前後のニオイが気になっていて、すごく不快感がありました。彼はお風呂を入る前に1回したいなって言うので、私はニオイが気になり、集中も出来なくてエッチを楽しむことが出来ませんでした。

 彼が舐めるとなった時に一瞬止まったというか、ためらったような気がして余計に……。デリケートゾーンのニオイは普通のボディーソープだけではどうにも出来なくて。なんとかならないのかなと解決策を探していた時に、ある石鹸と出会いました。

 使い続けてみたら、スッキリを実感。おりもの汚れやムレ、女性ならではの不快感が気にならない洗い上がりでした。もちろんニオイの元も洗い流せていました。とにかく感動したのを覚えています。

 この石鹸を使い始めてから、彼が舐める前に一瞬ためらうということもなくなった気がします。私自身もニオイが気にならなくて集中できてるし、楽しめています。」(おはぎさん 25歳 / パート)
==================

体験談をもっと見る >>>


 実は、月経周期によるニオイ問題をあっさりと解決した彼女たちは、デリケートゾーン専用のケアを行っているのです。

 それは、LCラブコスメの『LCジャムウ・ハーバルソープ』を使った3分パック。

ジャムウ・ハーバルソープ デリケートゾーンのニオイやおりものの元を3分泡パックでケアすることによって、いつでも自信をもって彼からの舌での愛撫を堪能しているのです。

LCジャムウ・ハーバルソープ』は、インドネシアで伝統的に伝わっている、ハーブなどの天然素材を配合したもの。これを基に、日本の女性の肌に合うよう開発・製造されたデリケートゾーン用石鹸です。

ハーブ 使い方はとっても簡単。泡立てネットで泡立てた『LCジャムウ・ハーバルソープ』の泡をデリケートゾーンに乗せて3分間パックするだけ! 気になるニオイだけではなく、黒ずみ汚れの元まで洗い流してくれます。

 見た目の清潔感も同時にケアできるので、明るい場所で彼にクンニされる時や、至近距離でアソコをマジマジと見られても大丈夫。

 さらに、安定剤や着色料、防腐剤、石油系界面活性剤を一切使用していないので、デリケートゾーンはもちろん、全身にも使用できます。ニオイや黒ずみ汚れが気になるワキの下や足の裏、耳の後ろなどにも、驚くほど実感を得られるはずです。

ニオイ、黒ずみ汚れの悩みは
これ一つで完璧 >>>


デリケートゾーンの専用ケアで、生理直後のセックスが気持ちいい!



「女性の体臭が好き」という男性もいることは事実ですが、その体臭はあくまでも「フェロモン」的な女性が本来持っている匂いのこと。それは単なる汗や蒸れた臭いとはまったく違うものなのです。

 自分自身もニオイを気にすることなく、彼が「もっと舐めたい!」「オーラルが止まらない」と思うアソコになるには、デリケートゾーンの専用ケアが必須。

LCジャムウ・ハーバルソープ』を使った“3分パック”を始めて、生理直後でもためらわず、彼にいつ舐められても準備OKなアソコを手に入れましょう。快感と愛情をたっぷり感じられるクンニに没頭できれば、彼とのセックスでいつでも絶頂を体験できるはずです。

「LCジャムウ・ハーバルソープ」
詳しくはコチラ >>>


LCジャムウ・ハーバルソープ』を開発したLCラブコスメは、女性が運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。

 デリケートゾーンのケアアイテムをはじめ、香りで彼を誘惑する「ベッド専用香水」や、思わずあなたの髪をなでなでしたくなるヘアパフュームなど、恋をする女性ならではのお悩みを解決してくれるアイテムが揃っています。

「ラブコスメ」で検索すれば、誰にも相談できずにいたお悩みにもピッタリのラブコスメがきっと見つかるはず。

【関連記事】
「もう我慢できない…!」彼からHに誘わせる2つの方法とは

<TEXT/もちづき千代子 提供/LCラブコスメ>

もちづき千代子
フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。




あなたにおすすめ