♂&♀

精液を飲んでも大丈夫?苦手な女性のためのオーラルのやり方

 彼とのセックスで、精液を飲んでと頼まれたことはありませんか? 実際のところ、もし精液を飲んだら、体に何か影響があるのか、もしくはオーラルセックス自体、どうやったらいいのかわからないということでお悩みの方も多いのではないでしょうか。

精液を飲んでも大丈夫?苦手な女性のためのオーラルのやり方 ラブリサーチで実施したアンケート『口内射精の経験はありますか?』では、82.1%の女性が「口内射精の経験がある」と回答しました。今回は、オーラルセックスについてお話しして、そういった悩みを抱えている貴女にぴったりの解決方法をお話ししようと思います。

===============
【女性に質問】Q. 口内射精の経験はありますか?

・ある(253名)
・ない(55名)

回答時期:2014.06.17~2014.06.30
総回答数:308名が回答
===============

男性が口内射精をしたがる心理的理由



 口内射精したいかどうかはある程度個人差ありますが、一番は征服欲を感じられるから、と答える男性が多いようです。また、途中まで口でしてもらって、いざオーガズムを感じた瞬間に口から離れて手でされることに味気なさを感じるからという男性もいます。

男性が口内射精をしたがる物理的理由



 心理的理由だけではなく、物理的理由もあります。何度もオーガズムを繰り返し感じられる女性と違い、男性のオーガズムは、射精を伴うおおきなオーガズムが一度起こると、再び性的興奮を感じるのに時間がかかります。

 大きなオーガズムの波を感じ始めてすぐに口からペニスが離れることで、一旦快感がリセットされるのに近い感覚が起こり、実際に射精するまでに時間がかかってしまうことがあります。口腔内の温度は、気温よりも少し高めなので、射精の瞬間に、口腔内から出されて、低い温度の外気温に触れることで快感が冷めてしまうというのも理由の一つです。

フェラチオでイカせるためのポイント



フェラチオでイカせるためのポイント フェラチオが上手くなりたい女性にぜひ気をつけて欲しいのが、歯を立てないようにすること。特に、犬歯という尖った歯がペニスに触れると、男性はとても痛がります。勃起した状態のペニスは、非常に敏感になっているので、歯が当たらないようにするのがポイントです。また、膣内の締め付けをうまく再現するには、できるだけ口をすぼめて少し陰圧にするのがおすすめです。「裏筋」と呼ばれる、ペニスの裏側に性感帯がある男性が多いので、その部分を意識して舌をうまく使ってみてください。

オーガズムの瞬間のポイント



 男性のオーガズムが近づくと、ペニスは膨張に、さらに硬くなります。我慢汁とも呼ばれるカウパー腺液で、少し甘い味がしてくるのも特徴です。オーガズムの瞬間には、亀頭が硬くなり、根元が波打つような感覚が起こります。オーガズムの瞬間に口を動かすと、精液が口から溢れてしまいやすくなるので、口をしっかりすぼめて動かさない方が良いでしょう。根元を支えてあげるといいかもしれません。

射精された精液をどうするか



 そのまま飲み込んでも害はありませんが、ティッシュに出してしまっても良いでしょう。終わって口の中に不快感が残る場合は、うがいをしてください。甘い味がするのと、粘着質なので、しばらく不快感が続いてしまう場合があります。量が多いと口腔内に残りやすいので、うがいをしてさっぱりする方が良いかもしれませんね。

精液を飲むのは大丈夫?



 口内射精をした後に、ティッシュに精液を出したり口を洗ったりするのをみて興ざめしてしまうからと、飲んでしまうケースもあります。飲んだからといって健康被害はありませんが、相手が大好きなパートナーでもない限り、いや、大好きな相手であったとしても抵抗があるかもしれません。無理は禁物ですが、精液の成分などについて少しおはなししておきます。

精液の成分は?



 精液の中には、何千万という精子がいます。主成分はタンパク質なので、飲んだからといって問題はありませんが、栄養になるものではありません。胃酸でアミノ酸に分解されて排泄されるだけです。精液には、精嚢からの分泌液が7割以上も含まれており、その中には果糖がたくさん含まれています。精液がベタついたり、甘い味がするのはそのためです。

口内射精の注意点



 口内射精は、強要されて行うものでありませんが、一番注意すべきなのは感染症です。相手の男性が、何らかの性感染症に罹患している場合、精液を飲むことや口内射精を行うことで自分にも感染が起こる場合があります。また、カンジダ症という真菌の感染症に相手の男性が罹患していると、喉にカンジダ菌が感染し、喉の感染症を発症してしまうケースもあります。

 ペニスを口に含むことで、ペニスに付着していた尿成分から、雑菌が繁殖してこれも感染症につながるケースがあります。相手の男性に性感染症やカンジダ症がないか、ペニスは清潔かどうかがとても重要になります。できるだけシャワーを浴びてから行うようにしましょう。

Point:口内射精で精液を口にすることには感染症などのリスクもあります。口内射精プレイを楽しむには、パートナーが清潔にしていることが大前提となります。

精液が飲めない時の対応



精液が飲めない時の対応 いくら安全だからといっても、精液を飲むのはどうしても抵抗があるという人もいるでしょう。精液を無理に飲んだり、無理に口内射精を行う必要は全くありません。あなたには、毅然とした態度で断る権利があります。

 でもなかなか断りにくいという人もいるでしょうから、そういう場合は、彼のプライドを傷つけずに、口内射精や精液を飲むことを避けると良いです。

 例えば、射精後に、相手から見えないように精液を吐き出すようにしたり、男性がオーガズムに達しそうになったら、コンドームを装着して、膣内への挿入に導くというのも一つです。

 セックスは、パートナー同士が最もベストな形で、かつ、二人が不快感を感じないということが大前提であるべきなので、お互いどんなプレイを楽しみたいかを、真面目に話し合う時間を持つことが大切です。口内射精に限らず、自分が抵抗あるプレイを強要される時には、ノーと言えるような人間関係を構築しておくことが重要。

 それがあった上で、どうしても口内射精はちょっと、ということなら、ローションなどを使って、手でしてあげることで相手に満足してもらうのも一つの手かもしれませんね。

まとめ



 正しくかつ安全安心できるプレイで、いつものセックスに、口内射精というエッセンスを加えてみるもよし、様々な知識を持った上で「やっぱりやめておきたい」と思うもよし、何れにしても自分たちにとってベストなセックスライフを楽しんでみてくださいね。

▼ライター:山下真理子さん プロフィール
女医、タレント。岡山県出身。医師免許取得後は、医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍。著書に『あなたの魅力が10倍増すセックス』『夜のお悩み相談クリニック』の他、写真集『診て感じるクリニック』がある。ファッション誌やラジオ番組、バラエティ番組にも数多く出演。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】




あなたにおすすめ