Fashion

タイトスカートの新しい選び方。OL風やウエストゴムはダメ

モードをリアルに着る! Vol.19/小林直子】

「ヴィクトリア・ベッカム」の2018年春夏コレクションのファーストルックは、オーガンジーでできたペンシルスカートでした。


 ファーストルックであるということは、これが今の気分であり、「ヴィクトリア・ベッカム」としては一押しである、ということです。

今あらためてのタイトスカート



 さて、ペンシルスカートと呼ばれているタイトスカートについてです。

カルバン・クライン

カルバン・クライン「ミディ ペンシルスカート 」※公式サイトより http://www.calvinklein.com/jp/ja/search?cgid=205W39NYC-womens-apparel-skirts

 皆さんもご存知のように、スカート丈は長くなったり、短くなったりを繰り返します。

 ここのところもう随分と短いスカートが流行で、ひざ下のタイトスカートなどというものは、90年代で見たのが最後かというくらいで、2000年代に入ってからは淘汰されていたものでした。

 もちろんタイトスカートがなくなったわけではありませんでしたが、あるとしてもほとんどスカート丈が55センチぐらいのひざ上丈、そして、どちらかというとオフィス向けということでした。その結果、私たちのイメージには、あの就職活動中の学生に見られるような、おしゃれとは無縁のスーツの際に着るのがタイトスカート、みたいな感じになってしまっていました。

 しかし今回、「ヴィクトリア・ベッカム」が提案しているのは、そんな就職活動スーツの際に着るようなタイトスカートではありません。丈も長く、何よりも素材がオーガンジーという非常に繊細な素材です。

ひざ下丈のタイトスカートが多く提案された2018年春夏



 オーガンジーという素材は透けています。つまり透けているスカートです。ですから、これはオフィス向けのスカートではないということです。

オーガンジー

繊細で透け感が美しいオーガンジー ※画像:organdie.net https://store.shopping.yahoo.co.jp/organdie-net/t2023.html#

 モードの提案する形の一つとして、オフィスでは見られないような素材を使い、丈も長く、色もパステルカラーにすることで、より洗練されて、シックなものへとタイトスカートを変化させました。

 こんなペンシルスカート、2018年の春夏では、「ヴィクトリア・ベッカム」のほかに、マックス・マーラ、カルバン・クライン、プラダ、バレンシアガなどでも出てきていますので、これからひざ下丈のタイトスカートが多く出てくるようになるでしょう。

普通の素材はNG!総レースや光沢のある生地を探してみては?



 では、こんな新しい解釈のひざ下丈ペンシルスカート、ハイブランドを買わないで、どうやって取り入れようか、ということです。

レーススカート

総レースのひざ下丈スカートで2018年風な着こなしを ※画像:WEAR

 まず、オーガンジーのペンシルスカートは普通には売っていないでしょう。これからも量販店で売られることもないと思います。理由は、オーガンジーは見てのとおり、非常に繊細な素材であるということ、そして何より透けるので、日本ではほとんど売れないだろうからです。

 けれどもここで、普通のオフィスへ着ていくような素材のペンシルスカートは今の気分ではありません。もっと装飾性があったり、きれいな色であったりといったところが、2018年風なわけです。

 オーガンジーではないにしても、光沢のあるサテンであるとか、総レースのひざ下丈ペンシルスカートだったら、古着のパーティー向けスカートの中にあるかもしれません。今、普通の店舗にはほとんどこういったものはないと思いますので、古着もしくは中古で見つけるとよいでしょう。

次のページ 
着こなしのポイントは●●をウエストに入れる!

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。

あなたにおすすめ