Love

社会人サークルに入ったら男性4人からアプローチ!けどモテ期は最悪な形で終わった…

 特別美人というわけではない女性が、男性の割合が多いサークルに入ったことで姫のように扱われる状況をあらわす「オタサーの姫」という言葉があります。

オタサーの姫 一般的には学生サークルで起きることが多いそんな状況を、社会人になって経験したという女性に話を聞いてきました。

 学生時代であれば、よくある揉め事である「オタサーの姫」をめぐる恋愛のいざこざも、社会人になってお互い立場や状況があると事態は途端にやっかいになるようで…。

少女漫画!?男性4人から同時にアプローチ



 小綺麗な外見と優しそうな雰囲気が特徴的な由奈さん(仮名・31歳)は保険会社で事務の仕事をしています。もともと文章を書くのが好きだった由奈さんは、趣味の時間を持とうと作家志望者が通う『作家養成塾』に入ったそうです。

「塾では、自分が書いてきた小説をみんなの前で読み、生徒と先生が講評するんです。生徒は20代~50代、学生から医者までと幅広かったのですが15人の生徒のうち男性が13人とまさにハーレム状態でした」

 そこで初日から由奈さんはモテたと言います。

「授業後にみんなで軽い食事をとりながら書いた小説をさらに講評しあうのですが、お酒も入っていたせいで話が盛り上がり数人の男性と連絡先を交換して、その日のうちに4人の男性からデートの誘いを受けました」

互いに講評

写真はイメージです(以下同じ)

 小説家志望の男性がかなり積極的なことに驚きます。

「意外にみなさん飢えてます(笑)。『〇〇という作家について語りましょう』とか『キミの書いた小説をもっと読んでみたい』とかアプローチは様々です」

 ちなみにアプローチをしてきた男性は、50代の整形外科医(既婚)・30代の非常勤講師(未婚)・30代のSE(未婚)と20代の学生(未婚)だったそうです。

「『由奈ちゃんのことをもっと知りたい』とか『こないだ着ていた服かわいいね』とか『小説の世界観がすばらしい』とか、会社では絶対に言われない褒め言葉と積極的なアプローチを同時に4人の男性から受けて、まさにこの世の春でした(笑)」

じらしてこそ、オタサーの姫!



 体の関係はどうだったのでしょうか。

「エッチはだれともしていません。そっちの方が、よりちやほやしてもらえるしデートのときも新鮮なので、いわば『じらし』ていました。あ、でも非常勤講師はけっこうイケメンだったので、一回だけBまで許しました」

 まさにやりたい放題です。そしてもはやBがどこまでかもわかりません。

 しかし、そんな由奈さんの春は最悪な形で終わりを告げることになります。

SE男性 まさかのストーカー化!



ストーカー「私に夢中になっていたSE男性が知らない間にストーカー化していたんです。SNSで私を探し出して勤務先や住所・交友関係を全部調べ上げられました」

 SE男性の行動はそれだけにとどまらず、「私が他の男性とデートをしている現場に数回あらわれたんです…」

 まさに恐怖でしかありません。

「おそらく尾行されていたんだと思います。さらに怖いのは、そこでなにも言わずに笑顔で会釈(えしゃく)して去っていったことです。」

 そして、とうとう由奈さんは、最高にツラ過ぎる局面をむかえることになります。

次のページ 
衝撃!「クソビッチ女」として…

1
2




あなたにおすすめ