Love

ヤンキー彼氏にホステス扱いされ…キレた彼女からの「すごい仕返し」

非常識男にスカッとする仕返しを

 彼の非常識なDQN行動は日増しに増え、もはやガマンの限界に……。 「ただこのまま別れるのも癪(しゃく)に障る」と美優さん。『この非常識な男を、このまま野放しにしてはいけない』ということで、ある行動に出ます。 先輩と飲み会「まず彼も頭が上がらない地元の共通の先輩男女数人(事情は話して、こっちの味方)を呼んで、飲み会を決行しました。飲み会には、以前彼と一緒になって私を小バカにした後輩も何人か呼んで。  緊張からか、いつものような“デカい態度”を取れず固くなっている彼に、怖い先輩たちがそろって『なんで酌の一つもしねえの?』『なんでそんなに気が利かねえの?』と詰める、詰める(笑)。  後輩の前で小バカにされて彼氏は顔を真っ赤にしていたんですが、さらに追い打ちをかけるように、一番ボス的な先輩が大声で、『お前は本当に物を知らないバカだな~!』と、私が言われたことそのままそっくり彼に言い返してくれて(笑)。彼は部屋の隅で小さく縮こまってました」  自分が放った言葉が、特大のブーメランとなって返ってきた元カレ。しかし、これだけでは終わりません……! 「帰り際、彼の車の中で別れ話をしたんですが、プライドの高い彼はメンタルが傷ついてもうボロボロ。意気消沈していながらも、当たり前のようにまた山盛りの吸殻を窓から捨てようとしたので、それを取り上げて彼の膝の上にザーッ! とひっくり返してやったんです」 吸殻「おまっ……! 何してんだよ!!」とブチ切れる彼氏に、彼女が一言。 「“汚ねえ場所に、何捨ててもいい”んでしょ?」  言い放った美優さんは、吸殻まみれの彼を放置してそのまま歩いて帰りました。 「その後私は異動で住所も変わったので、トラブルもなくさっさと別れられて一安心です」  付き合っていくうちにどうしてもお互いのアラは目立つもの。ただそこで、恋は盲目! とばかりに突っ走らずに、ときに冷静に恋人を客観視することは大切なのかも知れません。 ―自分史上最悪の恋愛 vol.17― <文/赤山ひかる イラスト/やましたともこ>
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ