Gourmet
News

何これ!? 青いパスタ&ラテが海外で話題。驚きの原料スピルリナとは

 オーストラリアのシドニーで、新感覚のイタリアンレストランがオープン。インスタ映え間違いなしの真っ青なパスタが注目を集めています。

Mark + Vinny'sさん(@markandvinnys)がシェアした投稿


スーパーフードで色付けした真っ青なパスタ



 話題の「マーク&ビニーズ Mark and Vinny’s」は、日本でも人気のある「bills ビルズ」本店があることでも知られるシドニー、サリーヒルズに4月にオープンしたばかり。

『ヴォーグ Vogue』オーストラリア版によると、注目のスカイブルーのタリアテッレは、青緑色の「スピルリナ」という海藻で着色しているのだとか。

Mark + Vinny'sさん(@markandvinnys)がシェアした投稿


「スピルリナ」はカルシウムや鉄分、ミネラル、ビタミンB1・B2、カロチンといった栄養素と良質のタンパク質を豊富に含んだ海藻で、スーパーフードとして注目されている食材。

 原色バリバリなのに超ヘルシーフードであることも、注目される要因のようです。

Mark + Vinny'sさん(@markandvinnys)がシェアした投稿


 同店では、スウィートポテトから作った卵を利用したカルボナーラ、大豆を使ったモッツァレラのカプレーゼ、ひよこ豆を挽き肉に見立てたラグーパスタなど、ビーガンメニューが約85%を占めていると『ザ・デイリー・テレグラフ The Daily Telegraph』。

 真っ青なタリアテッレの他にも、ビーツを使った真っ赤なスパゲティなどインスタ映え必至のメニューが豊富です。

Mark + Vinny'sさん(@markandvinnys)がシェアした投稿


 ちなみに、同店のオーナーシェフは、数年前からネット上で話題のスカイブルーの抹茶ラテ「スマーフ・ラテ」を販売する、メルボルンのカフェ「マッチャ・ミルクバー Matcha Mylkbar」の共同オーナー。


 抹茶ラテの色付けも、もちろん「スピルリナ」。味付けは生姜、レモン、ココナッツミルクを使用。天然着色料は使われていません。レストランのオーナーシェフはこの抹茶の成功から、カラフルなパスタの構想を得たようです。


Source:
「Vogue」https://www.vogue.com.au/vogue-living/entertaining/a-veganfriendly-pasta-bar-has-opened-in-sydney/image-gallery/4c8b2d75c87bcd39fd8bcb47260e8d46?pos=1
「The Daily Telegraph」https://www.dailytelegraph.com.au/lifestyle/food/sydney-taste/sydney-restaurant-serves-up-vegan-carbonara-pasta/news-story/52c645a7d99db7984cf4e4d1b12bb9b2

<TEXT/アメリカ在住・橘エコ>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

橘エコ
アメリカ在住のアラフォー。 出版社勤務を経て、2004年に渡米。 ゴシップ情報やアメリカ現地の様子を定点観測してはその実情を発信中。




あなたにおすすめ