Love

英語から学ぶアメリカの恋愛スタイル「インスタにギャツビーする」って?

 アメリカの恋愛ルールは日本とはかなり違います。

アメリカ、NYの恋 昔からよく言われるのは、付き合い始めのアメリカ人の合理性とアバウトさ。

 最初の「デーティング Dating」の段階では複数人を掛け持ちしても浮気と見なされず、次の「シーイング Seeing」でやっと一人に絞るもののまだ恋人と呼ぶには早く、家族にも紹介されないなど、日本の恋愛ではありえないプロセスや恋愛用語が存在します。

 さらに近頃では、ネットやSNSの影響を受けた新しい恋愛用語が次々に誕生。外国人との交際に興味はある人もない人も、豆知識として知っておいて損はない! 最新のアメリカ恋愛用語をご紹介します。

気を引くためのパリピ写真をインスタ投稿 Gatsbying(ギャツビーイング)


「華麗なるギャツビー」

「華麗なるギャツビー」ワーナー・ホーム・ビデオ

 レオナルド・ディカプリ主演で映画化もされた、F・スコット・フィッツジェラルドの小説『グレート・ギャツビー』が語源。

 ギャッツビーが恋い焦がれる女性を振り向かせるため、夜な夜なゴージャスなパーティを開催するのにならったもので、意中の人に見てもらうためにセクシーなパリピ系写真をインスタに投稿する行為を意味します。

 この夏、ミレニアム世代の最新恋愛スタイルとして各メディアが紹介、「バカげたトレンドだ」と話題になりました。

ネットでサバ読み&盛った写真をアップ Kittenfishing(キティンフィッシング)


猫 SNSで年齢や身長を少しだけサバ読んだり、数年前の写真をプロフィール画像に使ったりして交際相手を見つけようとする行為を、“子猫”を意味する「キティン」で表現。

 ネット上の“なりすまし”を「キャットフィッシュ Catfish」、全く別人の写真を使い、年齢も大幅に偽って恋人探しをすることを「キャットフィッシング Catfishing」と言いますが、「キャットフィッシュ」はもともと“なまず”という意味の英単語で猫とは無関係。

 それでもなぜか、“なりすましの程度の低い行為”には子猫を表す英単語を使うようになりました。

恋人候補をメッセンジャーだけでキープ Breadcrumbing(ブレッドクラミング)


パン粉パンくず 英語で“パン粉・パンくず”を意味する「ブレッドクラム Bread Crumbs」をもじったこの言葉は、デートに誘うことはせずにメールやSNSのちょっとしたやり取りだけで恋人候補を何人もキープしておくワザ。

 まさにデジタル世代の恋愛テクニックですが、マメでないとできないうえ、横着して絵文字や省略語(Youの代わりにUを使うなど)を使いまくると相手に「こいつ、ブレッドクラミングしているな」と気づかれる可能性が高いという難点もあるそうです。

次のページ 
今の相手とダメになった時の候補を用意するのは

1
2




あなたにおすすめ