Lifestyle

超お坊ちゃん夫が不倫。お詫びにブランド物の数々…妻は許せるの?

不倫発覚、その後。 Vol.8>

 不倫事情を長年取材し著書多数のライター・亀山早苗さんがレポートする、不倫発覚後の“夫婦の行方”。(以下、亀山さんの寄稿)

セレブ夫婦

写真はイメージです(以下同じ)

親同士の縁で、お坊ちゃん夫と結婚


 夫の不倫が発覚すると、「お詫びのプレゼントをもらって許す」と言う女性の声をたまに耳にする。現実問題として、そんな夫婦がいるのかと思っている人もいるだろうが、実際に存在するのだ。

 都内山の手に住むナオミさん(43歳)だ。特に派手な格好をしているわけではないが、きれいにカラーリングされたつややかな髪、繊細に施されたネイルなどを見れば、自身にどれだけお金がかかっているかがわかる。

 中学生の長女、小学生の長男ともに名門と言われる私立に通わせている。彼女自身は女子大を出て、父親が経営する会社で仕事を手伝っていた。

「父の会社はそれほど大きな会社ではなかったから、私は全然お嬢さん育ちではないんですよ。ただ、夫側はけっこうな資産家です。親同士がどういうわけか知り合いになって、お見合いみたいなことになったんです。私が彼と会ったときには、もうすでに断れない感じでした

お見合い ナオミさんが思うには、おそらく父は会社の運営資金を夫側から出してもらったことがあるのではないかということだ。もちろん、父に確認する気にはなれないのだが。

「夫こそお坊ちゃんですよ。性格はおっとり、大きな声で怒ることもない、人がよくて困った人を見ると放っておけない。働かなくていいように育ったのか、もともとこういう人なのかわからないけれど。環境が人を作ったのかもしれませんね」

 恋愛感情が強いわけではなかったが、生活に苦労しないですむのは魅力だった。

生活費は夫の実家から。「おままごとみたいな新婚生活」


 2歳年上の夫と結婚したのは26歳のとき。新婚生活はそれなりに楽しかったという。

今思えば、おままごとみたいな生活でした。私は専業主婦、夫は気乗りがしないと会社を休んじゃう。ふたりで1週間もドライブ旅行したこともありましたね

 住んでいるマンションは夫の父が経営する会社のもちもの。生活費は毎月、夫の実家からじゅうぶんに振り込まれる。夫は一応、夫の父が経営する会社の社員だ。

「彼は競争社会には向いてないけど、イベント企画などが大好きみたい。だから会社のイベントなどを一手に引き受けて奔走しています。細かい事務手続きや収支などを考えるのは苦手みたいですが(笑)」

 どうやら夫は、給料以外に母親から小遣いをもらっているらしい。

「お金とヒマがあって人がいい。そりゃモテますよ」

次のページ 
初めての浮気が発覚。夫の取った対応は……

1
2
女子SPA!にコメント機能がスタートしました!
右上の「コメント」ボタンからぜひ記事の感想などをどうぞ♪
同じボタンから他の人のコメントを見ることもできます!
「いいね」ボタンもあるので、ぜひチェック♪




あなたにおすすめ