Lifestyle

職場のレジからお金がなくなり…犯人と疑われた女性の告白

 特に女性だらけの職場は人間関係のトラブルが多いといわれています。今回の相談者は、化粧品販売店で販売スタッフを務める太田若菜さん(仮名・27歳)。若菜さんが経験した職場トラブルを聞いてみました。

化粧品「うちはショッピングモールに入っているコスメ等を取り扱うお店で、パートのスタッフも多いんです。私も最初アルバイトで入社したのですが、スタッフは皆仲が良くて和気あいあいとした職場だなと思いました。その中でも同じ歳の田中さんには特に仲良くしてもらっていて、よく2人で話したりしていたんです」

レジのお金がなくなった! 覚えもないのに犯人扱いされて……


 特に問題もなくバイトに勤めていた若菜さんですが、半年ほど経った頃、事件が起こります。

「その日、遅番は私だけでした。1日の売上金は金庫に入金するのですが、釣り銭としてレジに10万円ほど残しておくんです。普段通りにお金を残して帰宅したんですが、それから数日後、店長から突然『ちょっと聞きたいことがあるんだけど』と呼び出されたんです。

 何だろうと思ってバックヤードに行くと、そこには険しい顔つきをした店長がいました。そして『数日前に店のレジ金が少し減っていたんだけど、太田さんその日遅番だったよね?』と言われたんです。まったく身に覚えはなかったのですが、店長には『疑っているわけではないけれど、そういう噂が流れていて……』と言われました」

売上金 突然、身に覚えのない疑いをかけられた若菜さん。その後、その空気に耐えられずアルバイトをやめようとも考えたそうです。しかし数日後、真犯人が発覚したのです。

「本社が防犯カメラを導入してわかったのですが、あのレジ金の犯人は、私が仲良くしていた田中さんだったそうです。あの事件の後に棚卸しがあったのですが、その時に田中さんが商品を盗んでいるところが防犯カメラに写っていたそうです。本社の人がレジ金の窃盗も含め、田中さんを問い詰めたところ認めたそうです。

 表向きはアットホームな職場なので私はまったく気付かなかったのですが、実は以前からそういう事が起きていたそうで本社が目を付けていたと聞きました」

次のページ 
犯人扱いされた理由がヒドすぎる

1
2
女子SPA!にコメント機能がスタートしました!
右上の「コメント」ボタンからぜひ記事の感想などをどうぞ♪
同じボタンから他の人のコメントを見ることもできます!
「いいね」ボタンもあるので、ぜひチェック♪




あなたにおすすめ