Lifestyle

「妻が、子供が欲しいと言いやがった」。“自立したおしゃれ夫婦”が泥沼離婚するまで

子供が欲しいなんて“言いやがった”


 結婚の2年後、花田さんは編集プロダクションを起業、2人の社員を雇う。

「当時は出版業界の景気がめちゃくちゃ良かったので、いちばん稼いでる時だと、僕個人の取り分が月に7、80万はありましたね。ただ、僕は慎重でした。サラリーマンではないから、いつ仕事が激減するかもしれない。

ですから収入は上がっても生活レベルは変えず、古いマンションに住み続けました。変わったことと言えば、ミニ・クーパーの中古車を買ったくらい。玲子と、本と、映画があって、仕事もちゃんとある。それ以上望むものなんて、なかったんですよ

※写真はイメージです 玲子さんは30代半ばで別の出版社に転職し、編集者として順調にキャリアを積んでいた。ところが結婚6年目の冬、夫婦の間に転機が訪れる。

玲子が、子供が欲しいなんて言いやがったんです

 花田さんは、たしかにそう言った。“言いやがった”と。強烈な恨み節だ。

「結婚する時、子供はいらないよねとはっきり確認したのに……。ままある話だとは思います。玲子も38歳になり、いざ出産限界年齢が近づくと、心境が変化したんでしょう」

 花田さんがなぜ子供を欲しくないか、聞いてみた。

僕と玲子だけなら会社がつぶれようがどうなろうが、身ひとつで生きていけますが、子供がいたらそうはいかないでしょう。クライアントである出版社の担当編集のさじ加減ひとつで、来月から仕事がなくなったりする。僕は出版社にいたから、それがよくわかるんです」

 しかし玲子さんの希望は強かった。

玲子に逆レイプされました。途中でゴムをつけようとしたら、ものすごい勢いで腰を……わかりますよね?」

 翌年、娘さんが誕生する。

「でも、生まれてきた娘の顔を見たら、理屈ではなく愛情が湧いてきました。うんとかわいがりましたよ」

次のページ 
玲子にとってDINKsは親への反発だった

1
2
3
4




あなたにおすすめ