Love

“異常な束縛彼氏に悩む女性”と思いきや、彼女のヤバイ裏の顔は…

 友人が多い女の子にとって束縛彼氏ほど厄介な存在はありませんよね。

束縛彼氏、ケンカ

写真はイメージです(以下同じ)

 広告代理店でプランナーをしているR子さん(25)は仕事柄顔も広く、友達も多い社交的なタイプの女性です。けれども、彼女の付き合う男性はなぜかいつも束縛体質ばかり。

 その中でも現在付き合っている彼は群を抜いていると言います。

「21時を過ぎると鬼のようにラインが来るんですよ。未読のままにしておくと電話もかかってきます。仕事でどうしてもスマホが触れない時もあると言っても、Googleカレンダーを共有して仕事の予定なども把握されているので言い訳が聞きません」

 既読スルーは当然のごとく御法度(ごはっと)。先日、返信をしないでいたら1時間に200個のスタンプが送られてきていたとか。客観的に聞いていても、通知を見た瞬間に絶叫してしまいそうな恐怖です。

弟にまで接触禁止令を出すほどに男性に対しての警戒心


束縛「あと、男性が同席する飲み会には絶対についてきます。他のメンバーが彼のことを知らなかろうが、話についていけなかろうがお構いなし。彼の都合がつかない時はキャンセルさせられますね」

 友人関係に支障をきたしそうなレベルですが、よくよく聞いてみれば友人どころかR子さんの弟にまで接触禁止令を出すほどに男性に対しての警戒心を強めているそう。

「弟の連絡先は削除されてしまったので、現在は母親経由で連絡を取っています。実家に帰る時も弟がいないところを見計らって行くんですよ。もしくは彼も一緒に行きますね」

 このままいくと家族関係の崩壊すら招きそうですよね。常軌を逸した束縛話だと驚きつつも、いったん取材を終えたのですが、ちょうどそのタイミングでR子さんの件の彼氏から連絡が。

 せっかくなので、少し彼に話を聞かせてもらおうと後日電話で取材をさせてもらうことになりました。しかし…。

束縛は彼女がして欲しいと言って始めた


妻の束縛がキツすぎる「あ~……R子、そんなこと言ってたんですか」

 この取材で彼の束縛の強さを暴露されたことを怒っているのかと一瞬身構えたのですが、そうではありませんでした。彼はひじょうに言いにくそうに、こんなことを話し始めたのです。

「そもそも、この束縛はR子がして欲しいと言って始まったことなんです。オレは彼女の人付き合いの良さとか、友達の多い性格にも惹かれていた部分はあったので、男友達との付き合いを止めろとまで言うつもりはありませんでした」

 けれども、R子さんはそんな彼の対応に『愛が無い』と激怒。私を好きならもっと束縛するはずでしょう? 男友達と遊んでいいなんて、私のことが好きじゃないんじゃない? と詰め寄って来たと言います。

「じゃあ、どうしたらいい?と聞いたところ、彼女の理想とする束縛のされ方を提案されたので、それに従って動いている感じですね。ラインも、飲み会の件もそうしてくれと言われたからやっているだけで、弟さんのことに至っては彼女が自主的に連絡を絶ったんです」

次のページ 
彼が別れたい理由とは…

1
2




あなたにおすすめ