Gourmet

ダイエット向きの「雑穀」を比べてみた。玄米、もち麦、大麦…どれが最強?

ラクうま美人ごはん vol.37】  ダイエットには、どれが正解なのか? 蒸しスーパー大麦(だいずデイズ) ダイエットごはんの定番になりつつある「雑穀」。みなさんはどんな視点で選んでいますか? 例えば、白米に雑穀を混ぜることを考えると、「玄米」や「もち麦」、最近では「スーパー大麦」という雑穀が注目を浴びていますよね。でも実際にどれが最も良いのか、イマイチ良くわかっていない人も少なくないでしょう。果たしてどれがダイエット向きなのでしょうか?  そこで今回は、定番の「玄米」を基準に、人気の「もち麦」や「スーパー大麦」などの雑穀について考えてみたいと思います。

雑穀に期待することは、この2つ!

 まず、そもそも雑穀を何のために食べるのでしょうか? ダイエットの側面から、雑穀の魅力を整理してみると、次の2つに集約することができます。 ①ダイエット中の栄養バランスを整えてくれる ダイエット中に不足しがちなビタミン・ミネラル類(ビタミンB、鉄分、カルシウムなど)を簡単に補ってくれる。 ②食物繊維を摂取できる 食べた時の満足感を与えるだけでなく、血糖値の急上昇を抑える、便秘対策や美肌づくりなどの効果が期待できる。  実は、この2つを満たしてくれる雑穀はたくさんあり、基本的にはお好みの雑穀を選べばよいと、私は考えますが、効果がわかりやすい“食物繊維”をできるだけ効率良く摂取できたら、喜ぶ人はきっと多いはずです。そこでまずは、食物繊維の含有量を比較してみることに。

食物繊維で考えると、「スーパー大麦」が最強!

 比較する3つは、玄米、もち麦、スーパー大麦です。
玄米

玄米

【玄米】 食物繊維3.0g。白米の約5倍量。
もち麦

もち麦

【もち麦】 食物繊維9.6g。白米の25倍、玄米の4倍。特に、「β-グルカン」という水溶性食物繊維が8.7gと豊富。→コレステロールの正常化、食後血糖値の上昇抑制、満腹感の維持など
スーパー大麦

スーパー大麦

【スーパー大麦】 食物繊維量は、21.6gというダントツの数値。白米の40倍、玄米の7倍、もち麦の約2倍。β-グルカンは6.6gともち麦には及ばないが、かなり豊富。それに加え、消化しにくいデンプン「レジスタントスターチ」が5.0gとかなり豊富。(もち麦は1.6g)  つまり、β-グルカンに特化して考えると、「もち麦」ですが、食物繊維の総量やレジスタントスターチで考えると、「スーパー大麦」が際立って優れていることがわかります。  では次に、このスーパー大麦を手軽においしく食べることを考えていきましょう。
次のページ 
料理しなくてもOK!すぐに食べられる3選
1
2




あなたにおすすめ