Lifestyle

迷惑すぎるインフルエンザの“テロリスト”。「私は大丈夫」思考のナゾ

 目下、大流行中のインフルエンザ。出勤停止となり外出も控えなければいけないインフルエンザは、忙しい社会人にとってもっともかかりたくない病気のひとつです。
インフルエンザ

写真はイメージです(以下同じ)

 しかし、金子真紀さん(仮名・35歳・化粧品メーカー)は、非常識な友人のせいで絶対にかかりたくない時期に見事かかってしまったそうで……。

マッサージ師の友人に声をかけられて

「先月の話なんですけど、1月中は仕事で大事なセレモニーがあり、その直後には彼氏との沖縄旅行が控えていたため、体調管理には十分気を配っていたんですね。そんなタイミングで、リンパマッサージ師をしている学生時代の友人Aから、『明日たまたま定休日だからみんなのメンテナンスしようか? 体調崩しやすい時期だし!』と連絡が来たんです」  その日は休日だったため、これ幸いと友人4人と連れだってマッサージに出向いたという金子さん。 マッサージ「友人Aは派遣OLを辞め3年前にリンパマッサージ師になったのですが、その頃から自然食品や自然療法にすごく傾倒していて、その日も『病気は病院や薬に頼らず自分の自然治癒力を助けて治すことが大事』という話をずっとしていて。説教くさいと思いつつ理解はできるので、みんな施術を受けながら『うんうん』と聞いていました」

マッサージも終わる頃、友人から恐ろしい一言が……

 ところが、4人目の施術に取り掛かった終盤になって、一同に戦慄(せんりつ)が走るひと言をAさんが放ったのです。 「『私も久しぶりに体調を崩してたんだけど、40度の熱を出してデトックスして病院に行かず治したの!』と……。みんな『え? この時期に40度ってインフルじゃね!?』と瞬時に思ったようで、無言で目くばせ。  私が代表して、『それってインフルだったんじゃないの?』と聞いたんです。そしたら、『昨日解熱して今日こんなに元気なんだもん、インフルなわけないよ!』って。『解熱したの昨日かよ!』と恐ろしくなり、そそくさと帰りました」 自然治癒 せめてマスクをしていればよかった……と思うも、あとの祭り。Aさんがインフルエンザではなかったことを祈るばかりでしたが、無情にも2日後から金子さんの体調に異変が。 「仕事中からダルくてぞわぞわして、その後発熱。はい、ばっちりインフルエンザにかかってしまったんです。高熱で朦朧(もうろう)としながら、一緒に施術を受けた友人たちにLINEをしたら、なんと4人中3人がインフルで倒れていて……! これ、確実にAからもらってますよね? 震える手で友人たちと文句を打ち合ったのは言うまでもありません」
次のページ 
無自覚な“テロリスト”に怒り!
1
2




あなたにおすすめ