Lifestyle
Love

不倫男性の寂しいお財布事情。“お小遣い制”の節約デートに恋人ドン引き

 既婚男性と付き合うと、その多くが直面するのが、「男性側の経済力の壁」だといいます。

 稼いでいても、奥さんに財布を握られている、毎月お小遣い制である、などなど、自由なお金に制限があると、どんなに不倫相手に尽くしてあげたいと思っていても、男性は頑張ることができません。

お財布事情

写真はイメージです(以下同じ)

 既婚の彼と付き合っていた真奈美さん(当時28歳)は、仕方ないとわかっていつつも、彼の「節約ロマンチックデート」に、思わず首をかしげてしまったといいます。

彼女の誕生日にイルミネーション。彼が選んだ場所とは


 2月の某日、もうすぐ誕生日という彼女に、彼は「イルミネーションを見ながら、オススメのお店に連れて行きたい!」と提案してくれたといいます。

 不倫関係にある2人のデートといえば、もっぱら彼女の家での逢瀬(おうせ)のみ。そんな彼が、イルミネーションや外食を提案してくれるなんて……と彼女も喜び、二つ返事でOKしました。

 そして迎えた当日、六本木? 渋谷? 新宿? 一体どこのイルミネーションに行くのかなとワクワクしていると、彼からLINEが入ります。

自転車で俺の地元の駅に18時に来て!

 ちなみに彼と彼女の自宅は1駅しか違わないため、自転車での待ち合わせは可能。しかし住んでいる場所から考えて、自転車で行ける圏内に有名イルミネーションスポットがあるとは思えませんでした。

 一体どこにと思いつつ、彼に従って自転車をこぐと、着いた場所はなんと駅から少し離れた大きな公園

不倫男性との誕生日デート「ここはさ、冬の間結構大掛かりなイルミネーションをしててキレイなんだ。真奈美に絶対見せたいと思って!」

 とドヤ顔で語る彼。「キ、キレイ」と彼女も反応してはみたものの、イルミネーションのショボさに正直げんなり。彼に誘導されながらとりあえず光のトンネルへと足を踏み入れましたが、2月の寒さだけが身にしみたといいます。

渾身のオススメディナーにも不満……


 イルミネーションを適当に楽しみ、夕食へと移動する2人。渾身のディナーとは……とまたしても期待をふくらませると、到着したのはなんとラーメン屋!!

「ここの塩ラーメンは、沖縄の塩を複数種類使っていて、本当に美味しいんだ!ミシュランにも載ったんだぜ」と、またしてもドヤ顔の彼。

ラーメンミシュランに載ったのは凄くても、誕生日にラーメンってどうなの?」と疑問に思う彼女。ウッディーな店内はおしゃれだし、確かにデートとして来てもいいけど、特別な日に選ぶセンスとは……とここでも首をかしげながら、塩ラーメンをすすったそうです。

次のページ 
愛のこもった誕生日プレゼント

1
2




あなたにおすすめ