Lifestyle
Love

不倫男性の寂しいお財布事情。“お小遣い制”の節約デートに恋人ドン引き

愛のこもった誕生日プレゼント

 こうして超安上がりの不倫デートを堪能した2人。彼女の家に戻り、ラブラブタイムを……と思い部屋に上がると、ベッドの上に四角い何かが置かれています。 「なにこれ?」 ベッド おもむろにそれを取り上げると、それは2人の似顔絵が書かれた色紙(しきし)ではないですか!! 「え、何? これ、どうしたの?」  正直ちょっと嬉しい。そう思いながら彼に聞くと、2人の記念に似顔絵スタジオまで写真を持っていき、書いてもらったのだとか。  似顔絵をもらうことってそうそうありませんから、真奈美さんもこれは驚きと嬉しさがあったそうです。とはいえ、誕生日プレゼントがこんな(?)2000円程度の絵だけとは思っておらず。「で、プレゼントは?」と聞くと「これだけだよ」の一言が(笑)。 「お小遣い制って分かってましたけど、ここまで節約とアイデアを詰めてきたか! って正直思いました。似顔絵は嬉しかったけど、こんなものにお金を使うくらいなら、もう少しちゃんとしたデートがよかったです」  当時を振り返り、ボヤく真奈美さん。節約デートとはいえ彼が心をこめて祝ってくれたのに、なぜそこまで不満なのかと思いきや……意外な置き土産を最後にもらってしまったからのようです。 「誕生日の翌日、寒空の下でのイルミネーションが効いたのか、風邪を引いてしまいました。有給(休暇)を3日も使って寝込んだとき、私って一体なにしてるんだろうって思いました」  そう話す彼女。ちなみに今はその彼とは別れ、お小遣い制ではない既婚男性と不倫しているとか……。 「ちょっと進歩した……いや全然してないですね」と思わず突っ込みました。とにもかくにも、男女の関係性もお金の使い方も十人十色。彼女がピッタリ合う男性と、いつか幸せになれることを祈ります。 ―冬に起きたトホホなエピソード― <文/女子SPA!編集部 イラスト/角侑子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ