Gourmet

タピオカドリンク、ドトール・タリーズ・ロッテリアを飲み比べ。専門店と比べてどう?

 今、日本は空前のタピオカブーム。Gong chaや、春水堂、The Alleyなどの有名店をはじめ、タピオカ専門店には日々行列ができています。  この、社会現象的大ブームに乗って、メニューにタピオカを取り入れるファーストフード店なども登場。様々なお店でタピオカを味わうことができるようになりました。
 今回は、日常的にお世話になっているおなじみのチェーン店、ドトールコーヒー、タリーズコーヒー、ロッテリアが提供しているタピオカドリンクを飲み比べ。独断と偏見で、勝手にランク付けしてみました。それでは第3位から発表します!

3位 ロッテリア カラフルなタピオカが可愛いけど…

ロッテリア 9月上旬まで期間限定で全国のロッテリアで発売されている6種類の「タピオカラーズドリンク」。その中から、人気サイドメニューのシェーキに、カラフルタピオカをトッピングした「タピオカシェーキ(バニラ風味)」(320円税込)と、色鮮やかな「タピオカアセロラレモンソーダ」(340円税込)を試してみました。  ロッテリアのタピオカの特徴は、タピオカが茶色い玉ではなく、オレンジ、ピンク、ブルー、イエローととにかくカラフル。可愛くてテンションが上がるビジュアルです。
ロッテリア「タピオカシェーキ(バニラ風味)」(320円税込)

ロッテリア「タピオカシェーキ(バニラ風味)」(320円税込)

「タピオカシェーキ(バニラ風味)」は、ロッテリアのシェーキにタピオカがトッピングされているだけなので、ドリンクの自体はいつものバニラシェーキで、ひんやりと甘く多くの人に愛されている味。しかし、肝心のタピオカは見た目はカラフルでとても可愛いのですが、ふやけているかのように柔らかく、タピオカ特有のモチモチ感は皆無。味もちょっと苦く感じました。  シェークをタピオカ用の太いストローで吸い込もうとすると液体が凍っていて固いため、なかなか吸い込めませんでした。とはいえ、溶ければ溶けるほどシェーキの味が甘ったるくなっていくので、飲み終えるまでいろいろと困難でした。だけど、シェーキとタピオカという組み合わせはスイーツ好きにとって夢のコラボです。
「タピオカアセロラレモンソーダ」(340円税込)

「タピオカアセロラレモンソーダ」(340円税込)

「タピオカアセロラレモンソーダ」の、すっきり系のアセロラ味とタピオカの組み合わせはとても個性的な味わいでした。ストローが太いためタピオカよりも細かい氷が口の中に入ってきてしまい、なかなかタピオカを吸い込めなかったのですが、見た目の可愛さは抜群。SNSに投稿したくなる華やかさです。  何よりロッテリアのタピオカシリーズは300円台の安さが魅力。専門店の半額くらいでコスパがいいです。 モチモチ感 ★ コスパ ★★★★
次のページ 
ドトール、タリーズどっちが1位?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ