Gourmet

タピオカドリンク、モス・フレッシュネス・プロントを飲み比べ。並ばずOKだけどお味は?

フレッシュネスバーガー タピオカ黒ウーロンミルクティー、全く甘くないのに驚き

 6 月から販売されていた「タピオカミルクティー」が1ヶ月間で約12万杯を売上げたとのことで、予想以上の売れ行きに味をしめたのか、7月からは3種類のタピオカドリンクが期間限定で販売されています。  静岡県産の緑茶にジャスミンの香りをプラスしたという「タピオカ ジャスミン緑茶ミルクティー」(420円)と、福建省の鉄観音を使用した「タピオカ 黒ウーロンミルクティー」(420円)、スパイスの芳醇な香りに根強いファンが多い「チャイミルクティー」(420円)です。 フレッシュネスバーガー 今回は福建省の黒ウーロンミルクティーを試してみることに。  一口飲んでみて驚いたのが、全く甘くないということ。専門店では砂糖の量を調整できますが、チェーン店では甘みが強いことが多いなかで、ここまで振り切った味わいは斬新。ウーロンテイストのミルクティーが専門店以外で飲めることも貴重です。  タピオカそのものにも全く甘みがなく、甘党の方にとってはもはや「苦い飲み物」と感じてしまうかも。それほどまでに大人っぽい味わいで、ハンバーガーとの相性は抜群です。
 タピオカの粒は、モスバーガーよりは少し大きいですが専門店よりは小さめ。もちもち感はやや物足りないですが量はケチ臭くありません。  オーダーしてから提供まで、かなりの時間がかかったので、専門店の列に並ぶのと所要時間はあまり変わらないように感じましたが、冷房がきいた店内で座って待てるのでそこまでストレスは感じません。タピオカを飲んでみたいけど甘いものが苦手な方にオススメしたい1品です。 もちもち感 ★★☆ コスパ ★★★
次のページ 
プロントは?
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ