Fashion

“季節を先取り”がおしゃれの鉄則。半袖でも秋らしさを出す方法は?

 そのほか、夏には使わなかったベロアやツイード素材の布バッグやショートブーツ、内側がボアのモカシン、厚地のシルクスカーフなどでもいいでしょう。ものすごく寒くなる時期には使わないけれども、そこに至るまでは使うイメージの小物を用意しましょう。  あとは簡単で、それを夏の小物と交換するだけです。麦わら帽子は皮革のハットに、サンダルに合わせていた白いソックスは黒やネイビーのソックスに、透明のPVCのバッグはツイードの布バッグへと交換します。それだけでも見た目はかなり秋の雰囲気になります。
秋を先取り

透明のPVCのバッグをツイードのバッグへ。夏の小物を交換するだけで秋の雰囲気に。
(※画像:WEARより)

形や素材は夏だけれども、色はダークな秋色のものにかえて

 このスタイルをより一層秋らしくするためには、以前ご紹介したように、着ているものの形や素材は夏だけれども、色はダークな秋色のものにかえていくといいでしょう。  ですから、白いTシャツは黒やネイビーのTシャツに、ホワイトジーンズはブルージーンズに、白いコットンや麻のシャツは同じ麻でもネイビーやボルドーのものにかえます。
秋を先取り

同じ麻でも、色をダークなネイビーに変えればより一層秋らしくなる
(※画像:WEARより)

 もちろんTシャツのみならず、ノースリーブのセーターやコットンのロングスカートでも、とにかく色をネイビー、ダークブラウン、黒、ボルドー、チャコールグレーなど、ダークなものにかえればOKです。  この2つの方法を同時に使えば、半袖を着ていても、雰囲気はほとんど秋になります。
秋を先取り

ダークな色のアイテムに変えれば、半袖を着ていても雰囲気はほとんど秋
(※画像:WEARより)

夏の終わりにいち早く秋の小物で秋を先取りしよう

 まだまだ続く暑い季節、Tシャツやコットンのスカートといったカジュアルな装いでも、色、質感とも濃く、重い秋物の小物を数点付け加えるだけで、夏物独特の軽い感じが消え、かつ暑さにも対応できます。
秋を先取り

夏の終わりにいち早く秋の小物で秋を先取りしよう
(※画像:WEARより)

 夏の小物に飽きてくる夏の終わりにいち早く秋の小物で秋を先取りしましょう。簡単な割に、ほとんどの人がやっていませんから、誰よりもとびきりおしゃれに見えること、請け合いです。 <文/小林直子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
小林直子
ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ