Lifestyle

10キロ痩せたママ友に言われるがまま、ダイエットして金欠に…なぜ?

 ダイエットをする女性も多いと思いますが、「糖質ダイエットを始めたら金欠になってしまった……」と嘆く女性がいます。都内に暮らす主婦の武田美波さん(仮名・35歳)は、昨年の秋頃から糖質制限ダイエットをすることを決意。きっかけはママ友だったといいます。
お腹の贅肉が気になってる主婦の武田美波さん(仮名・35歳)

写真はイメージです(以下同)

10キロ痩せたママ友にアドバイスをもらう

「ママ友のエミさん(仮名・37歳)という人がいるのですが、彼女は1年前から糖質制限ダイエットをして10kg近くも痩せたんです。元々、少しぽっちゃり体型だったのに今では背が高いこともあってすっかりモデル体型に。私もエミさんみたいになりたい!と思って糖質ダイエットの方法を相談をエミさんにしたところ、普段の食生活をことごとく注意されたんです……」  美波さんとエミさんは娘が同じ幼稚園に通っているため、よくお茶をする仲だそうですが、まず注意されたのは美波さんが大好きなスイーツだったといいます。
実際にエミさんから送られてきたLINE

実際にエミさんから送られてきたLINE

「『美波ちゃんが本気で痩せたいんだったら、パンケーキは食べないほうがいい』から始まり、エミさんは次々とうちの家の食材を聞いてきてチェックするようになりました。『砂糖はやめて甘味料を使ったほうがいい』『小麦粉やパン粉は糖質の塊だから、ふすま粉やおからパン粉を使って』、『みりんも糖質が入っているからダメ。糖質オフのものを買って』など……」

糖質オフ食材が高すぎる

 最初はエミさんの言うことを聞いて買い替えていたそうのですが、ここで思わぬ問題が起こったそうです。 糖質オフ食材が高すぎる…「糖質オフ食材って意外と高いんですよね。甘味料は1kg3000円近くするし、おからパン粉も1kg1000円と普通のパン粉の倍。さらに『甘いものを食べるんだったらコンビニに糖質オフのものがあるから!』と言われるがままに買ったら5日分のお菓子で2000円近くしました。 『ちょっと高くて長く続けられそうにはないかも』とエミさんに言うと『ずっと今のままの体型でいいわけ? 40歳になったら今よりもっと痩せにくくなるんだよ!』『本気で痩せたくないなら別にいいんじゃない?』などと言われて、私もだんだん『太っている=悪いこと』のような刷り込みをされていったんですよね……」  しかし、それだけ食材を変えても美波さんの体重はすぐに減らなかったといいます。そこでエミさんはこんな提案をしてきたといいます。
次のページ 
見学だけのつもりが…
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ