Entertainment

人気女優が、“なんかハンパな金額”を寄付。その理由にホッコリ

 新型コロナウィルスの感染が拡大するなか、セレブたちも自主隔離を宣言し、困っている人々の支援に乗り出している。6歳と5歳の娘が貯金箱のお金を寄付したことを明かした女優、外出せず自宅で過ごす様子をSNSで発信する大物俳優……。一丸となってこの危機を乗り越えようとする動きが出てきている。

夫が自主隔離中のアナ役女優。中途半端な寄付金額で話題に

クリスティン・ベル

クリスティン・ベル

『アナと雪の女王』のアナの声でおなじみのクリスティン・ベルは、新型コロナウィルスの影響で厳しい状況に置かれた子供たちを支援するため、チャリティ団体に寄付を行った。  子供の貧困飢餓撲滅を目指す団体ノー・キッド・ハングリー(NKH)に15万7ドル96セント(約1660万円)を一家で寄付したクリスティン。その寄付金額がやや中途半端なのは、6歳と5歳の娘たちからの寄付があったからだと明かした。  インスタグラムでクリスティンはこう綴る。 「NKHは必要とする子供たちをいつも支えてきた。国内すべてのお腹を空かせた子供たちに食べ物を届けるため、休むことなく活動してくれている。だからみんなも出来るだけ寄付して。どんな金額でも助けになる。そうすれば、みんなでこの状況を乗り切れるから」 「私たちの寄付金額が中途半端な理由は、私たちが寄付するという会話を娘たちが聞いて、自分たちの貯金箱からも寄付してくれないかと言ってきたからなの」 「その分も加えて寄付できたことを、これ以上ないほど誇りに思ってる。とても大切な7ドル96セントよ」  ちなみに現在、クリスティンの夫ダックス・シェパードは、誰も住んでいない友人宅に自主隔離中とのこと。というのも、ダックスは旅先から帰国したばかりだそうで、新型コロナウィルスに感染している可能性も踏まえ、念のため一定期間離れて暮らすことにしたのだそうだ。 「ダックスと一緒にいられなくてさみしい」とコメントしているクリスティンだが、先日には娘たちと一緒に元気いっぱいダンスする動画をSNSに投稿した。
 アパートの中庭とみられる場所で踊っている3人は、自主隔離中のダックスを部屋の外から励まそうとしていたようだ。

ロバや馬と自宅にこもるシュワちゃん

 一方、自らが自主隔離中で、外出を自粛していることを明かしたのは、シュワちゃんことアーノルド・シュワルツェネッガー。今後しばらくは、ペットの馬やロバたちと過ごすつもりだとSNSで明かし、人々にこう呼びかけた。 「大事なことは家から出ないこと。今は外出禁止令が出ているんだから」  アリアナ・グランデテイラー・スウィフトといった大スターたちが、週末は自主隔離をするよう呼び掛けるなか、ペットたちと自宅で楽しく過ごす様子を発信したアーノルド。  先週には、ペット犬のチェリーちゃんに手の洗い方を教える動画も公開し、「約20秒以上かけてきれいに洗うことが大切」と語りながら、自ら実践して見せた。

TikTokとタッグを組んで食料を提供。広がる支援の輪

 そんなアーノルドは、動画アプリTikTokとタッグを組み、食べ物を必要とする家庭を支援することも表明している。 「コロナの惨状が理由で、子供たちが学校に行けず、放課後の活動を提供する代わりに、助けが必要な家庭に食料を提供することが良いんじゃないかと思った」 「でも、もちろん、最高の考えがあっても、それを実現する資金がなければ何もできない。そこでTikTokが参加して、助けが必要な家庭に食べ物を届けるためにと大金を寄付してくれた」  アーノルドが運営するアフター・スクール・オールスターズは通常、子供のために放課後活動を提供することを目的としているが、新型コロナウイルス拡大防止のために学校が閉鎖している状況を受け、代わりに助けを必要とする人たちへ食料を届ける活動に取り組むことにしたそうで、TikTokから300万ドル(約3億3000万円)の寄付を受けたという。  これにより、アフター・スクール・オールスターズからニューヨークやニュー・ジャージー、ロサンゼルスやマイアミを含むアメリカ国内60都市に、食料や食料品店で使えるギフトカードが届けられることになるという。  クリスティンやアーノルド以外にも、寄付を発表するセレブが相次いでいる。  人気俳優のライアン・レイノルズとブレイク・ライブリー夫妻は、アメリカとカナダに食料を提供するフードバンクに100万ドル(約1億1000万円)の寄付を公表。お騒がせラッパーのカニエ・ウェストも、新型コロナウィルスのあおりで困っている人々に、食事を提供するチャリティ団体に多額を寄付したと伝えられている。 <文/BANG SHOWBIZ、女子SPA!編集部> 
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ