Love

上司と3年不倫する女性、コロナがきっかけで“あっけなく破局”するまで

 新型コロナウイルスの感染拡大を巡ってリモートワークを推奨する企業も多い中、「不倫をやめられた!」という女性の声が上がっているといいます。一体、どういうことなのでしょうか? 話を聞いてみました。

上司とズルズル3年不倫する女性

 都内のシステム関連開発会社に勤務する山川麻美子さん(仮名・28歳)は、新型コロナウイルスの感染を防ぐためにリモートワークになったことで会社の上司との不倫に終止符を打ったといいます。
上司とズルズル3年不倫する女性

写真はイメージです(以下同)

「エンジニアなので、勤務時間も不定期なので不倫がしやすい環境ではあったんですよね。彼も奥さんに夜勤だと嘘をついてお泊りしても、バレることはまったくありませんでした。不倫関係はもう3年目となるのですが、私もそろそろいい歳。結婚相手を見つけたいけれど、彼にいつも言いくるめられてそのままズルズルと関係が続いてしまった……という感じでした」  それでも、彼に対してまだ気持ちがあったので別れられなかった、と語る山川さん。しかし3月頭にコロナ感染症の拡大防止のために学校が一斉休校になった辺りから事態は急変します。

奥さんの要望で夜勤を減らすことに

「彼の小学生と中学生の息子が学校を休みになったことで、奥さんが1人で面倒を見なくちゃいけなくなったそうです。それで奥さんの気持ち的に余裕がなくなってしまい、奥さんが彼に『夜勤を減らしてほしい』と頼んだことをきっかけに会える機会が減っていきました」と麻美子さん。
実際に上司から送られてきたLINE

実際に上司から送られてきたLINE

「それでも私は彼にいつものようにLINEを送っていたら、『家にいるときは勘弁して』という返信を最後に連絡が取れなくなっていったのです。そして今月から、ついにうちの会社でもリモートワークを推奨するようになって……。私は彼に会いたいから出社を選ぼうとしたら、まさかの彼がリモートワークを選択したんですよね」  その日以来、彼に一切会えなくなったと話す山川さん。それでもコロナが収束すればまた関係が復活するだろうと思っていたといいますが、現実は思うようにいかなかったようです。

連絡が減ってあっけなく破局

「リモートワークになって家事を手伝っているうちに、奥さんに『こんなに苦労かけていたんだな』と思ったそうです。最初は家の自室にこもって仕事をしていたそうなんですが、だんだん家事を積極的に行うようになって、家にいることで私への連絡も一切なくなっていきました。  それでもしつこく連絡していたのですが、最近は既読すら付かなくなっていましたね。ムカつきましたけれど、怒りというよりも『こんなもんだったのか』という諦めのほうがいまは強いです。コロナが収束したら会社をやめようと、今は転職準備を進めています」
次のページ 
他にも不倫をやめた女性がいます
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ