Fashion

今から買わないほうがいい“トレンド春服”、もう着れる期間が短そう…

 こんにちは、ファッションスタイリスト&ライターの角佑宇子(すみゆうこ)です。さて、新型コロナウィルスの影響もあって春服の買い物にずいぶんと悩んでしまう日々ではありませんか?  とくに春に購入したトレンド服は、あまり活躍の機会を見せずに終わってしまいそうで手を出しにくいですよね。そこで今回は、着る機会がなくすぐ流行が過ぎ去ってしまいそうなトレンドアイテムがどのようなものかをご紹介いたします。

一見便利そうな「コンビネーションシャツニット」

一見便利そうな「コンビネーションシャツニット」 コンビネーションシャツニットとは、シャツとニットがドッキングされ1枚のお洋服になったデザインのことを指します。  通常、ニットに丈の長いシャツをインナーとして着こなす場合、丈のバランスや、重ね着してもスッキリして見えるかなど工夫が必要です。その点コンビネーションシャツニットは、着膨れを起こさずに重ね着コーデを楽しめ、難しいテクニックが必要ないので近年とても人気のアイテムになっています。  ただ、そんなコンビネーションシャツニットも今は手を伸ばさないほうが良さそう。というのも、緊急事態宣言が発令されて以降、私たちも外出の機会がめっきり減ってしまいました。この流れがGW終わりまで続くとなると、さすがにコンビネーションシャツニットは活躍もままならずタンスにしまうことになりそう。  商品のデザインによっては来シーズンまで持たなさそうなものもあるので、今季の購入はじっくり考えてみても良さそうです。

意外と出番が少ない「かぎ編みレーススカート」

意外と出番が少ない「かぎ編みレーススカート」 今季、春のトレンドにスタルジックでロマンチックなアイテムが登場しています。その中でも、2020年らしいトレンドアイテムといえば「かぎ編みスカート」ではないでしょうか。  ボヘミアンムード漂うかぎ編みスカートは、今季の春ファッションとしてアパレルショップの新作ラインでもよく見かけていたのですが……、この自粛ムードで活躍の機会を失いつつあります。というのも、かぎ編みスカートは非常に繊細なため、自宅でおこもり中のコーデにはあまり向いていません。家事をしている最中に、どこかで引っ掛けてレースがほつれてしまうのも避けたいですよね。  そして、気軽に外出できる次の機会があるとすればGW明け後ですが、GW前後は春ではなく、もはや初夏。汗ばむ日にかぎ編みスカートはちょっと暑いかもしれません。もちろん、見た目には涼しげな印象があるので、真夏日以外なら活躍もできますよ!  ただ、腰まわりの裏地が体に張りついたり、かぎ編みの素材がごわごわして暑苦しかったりするので快適さを重視する方には少し不便さがありそう。その点も注意して取り入れるかどうかをぜひ判断してみてください。

とはいえ、今しかない旬を楽しむのもアリ!

 今回はトレンドアイテムの中でも流行りすたりに左右されそうなアイテムをピックアップしましたが、だからといって取り入れるのが絶対NG!という訳ではありません。  息が長いベーシックなアイテムでは表現できない旬な装いを楽しむことができるのはトレンド服ならではの利点です。今回ご紹介したような懸念点を踏まえた上で購入をすることが大切ではないでしょうか。  今年の春服は活躍の機会があまり期待できそうにはないですが、それでもこんな時期だからこそ洋服の力を借りて元気を取り戻したいとも思う日々です。ぜひ、お洋服選びの参考になさってみてくださいね。 <文&イラスト/角 佑宇子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
角 佑宇子
(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105
Cxense Recommend widget
【ファッションのお悩み募集!】
ファッションスタイリスト&ライターの角侑子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【ファッション相談】を入れ、お送りください。コーディネートのこと、体型カバーのことなど、ファッションに関することであれば何でもOKです。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ