Gourmet

食パンでクリスマス気分!「サンタトースト」なら簡単で楽しい

【作り方④】チョコペンで目、鼻、口などを描く

サンタトースト 温めておいたチョコペンの口を切り、顔を描いていきます。最初はチョコが柔らかくて、ドバっと出てしまう可能性がありますから、お皿の上で練習した方が安心です。目や鼻、口などの描き方にルールはないですから、どうぞ自由な発想でやってみてください。メガネを描いたり、チョコペンの色を変えてほっぺを彩ったりするのもかわいいと思います。さあ、これで完成。クリスマスっぽいお皿に乗せると、演出度もアップするかもしれません。 サンタトースト パーティーなどで、もっと小ぶりサイズを作りたい場合は、食パンを4等分して、同じ要領で作ってみてください。このサイズであれば、かわいいちびサンタをたくさん作ることができます。 サンタトースト 食べてみると、いちごジャムとクリームチーズの組み合わせが絶妙で、おいしく味わうことができると思います。生クリームも良いですが、味の相性的にはクリームチーズの方がオススメです。  さあ、気になった方は、是非お試しくださいね。そして、素敵なクリスマスになりますように。 <文、写真/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が発売中。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ