Love

「私の年収に男性が引いちゃう」エリート女性の勘違い。敗因は収入じゃない

 こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。  共稼ぎが主流となった今。婚活の場で時々耳にする「女性のスペックが高いと男性が引いちゃう」というアドバイスは本当なのでしょうか。
エリート女性

写真はイメージです(以下同じ)

 ブライダルジュエリー専門店の銀座ダイヤモンドシライシが20~39歳男性500名を対象におこなったアンケート調査(2018年実施)では、「結婚相手女性の方が年収が高かったら気にするか?」という質問に、男性の7割以上が「気にしない」と回答。女性の方が年収が高いことは、必ずしも結婚のマイナスにはならないという結果が出ています。  婚活業界には、昭和の結婚観でアドバイスする仲人も多いので注意が必要です。  ふっくらした女性の優子さん(仮名・35歳)は結婚相談所に入会したものの、10歳以上年上の男性や、会いたいとは思えない外見の男性、年収が低い男性からしか申込がなく誰にも会わず退会したそうです。自分の希望する男性は紹介されず、改善をお願いしても「優子さまだとスペックが高すぎて男性が引いちゃうのかもしれませんね」と言われてしまったとか。  その結婚相談所は「高学歴向け」とうたっていたのですが、正確には「高学歴男性と結婚したい女性向け」だったようです。

年収を公開したら、金目当ての男性ばかり寄ってくる?

「初めは年収と出身大学を公開したら年収が低い男性ばかりから申込が来ました。それで、お金目当ての男ばっかり来るのは困るから年収と大学は非公開にしたんです」 「年収低いってどれぐらい?」 「350万とか400万とかです」 「その人たちの年齢は」 「うーん。30代だったと思います」 「そんなものですよ。東京で働く男性の平均年収は400万円ぐらいですが、年収1000万円を超える人たちもいての平均値だからボリュームゾーンって300万円台じゃないでしょうか。優子さんと比べたら少ないかもしれませんけど、特別その男性が低いわけじゃないと思いますよ」 年収 思った通り、優子さんは同年代男性の収入についてかなり誤解しているようでした。 「そうなんですか。でもその結婚相談所は、男性会員の6割以上が年収500万円以上だってうたってるんですよ」 「優子さんが入会していた結婚相談所って○○○に加盟しているところですね。あちらって男性会員が約3万人ぐらいいるんですよ。3万人のうち39歳以下の人数って1万人ぐらいで、あとの2万人が40歳以上なんです。年齢が高かったら年収も上がるんですよ。30代男性で500万円以上って男性はもちろんいるけど人気あるからライバルも多いんです」 「え! そんなに年齢高いんですか!」
次のページ 
「優子さん、痩せる気ない?」
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ