Love

ファザコンの新婦、披露宴のスピーチで爆弾発言。慌ててごまかす父

感動のスピーチのはずが爆弾発言

 そして、いよいよ結婚式当日。大使館の面々も列席するなど、まるで政治家御子息の結婚式かと思われるほど盛大なものでした。  しかし事件は披露宴で起こります。いよいよクライマックスの親への挨拶が始まり、紀子さんは少し緊張しながらも真面目な面持ちで口を開きます。 爆弾発言に静まり返る会場「パパへ。今まで大切に育ててくれて本当にありがとうございます。ノリ(紀子の一人称)は昔も今もずっとパパに感謝しています。ノリは今日からパパから離れて重幸さんと一緒に生きていきますが、たとえ離れてもノリはずっとパパの娘です。昨日の夜、パパと一緒に湯船に浸かったとき、ノリは心からそう思いました

なんとかフォローする父親

 披露宴会場は一瞬静かになり、強いスポットライトに照らされた二人の姿だけが静かに目立っていました。今まで満遍の笑みだった新郎の両親の顔からは笑顔が消えていました。 なんとかフォローする父親ノリ、小学校の時の思い出がオーバーラップしたんだね。パパはずっとノリの味方だからね。これからは重幸くんと一緒に頑張るんだよ」  娘の口から出た言葉をとっさにフォローする父親でしたが、なんとなく後味悪いまま披露宴は幕を閉じました。 「あの時は僕も一瞬ヤバイと思いましたよ! でもそれも紀子の一部なんだと、今では特に気にはしていません。ファザコンだから別れるなんてありえないでしょ? まあビックリしましたけど、親を大事にしてるってことじゃないですか。仲良くやってます」  あれからしばらくして重幸さんは前向きな気持ちを語ってくれました。 ―結婚式のトンデモ話― <文/浅川玲奈 イラスト/カツオ> 
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ