Lifestyle

今年こそ幸せになる。42万人登録のYouTuber 禅僧が贈ることば

2022年が始まりました。一年の始まりに「今年こそは……」と思うものの、結局いつも通りの一年を過ごしてしまう、という方も多いのではないでしょうか。変化に必要なことは、まず自分の現状をよく知ることです。
大愚元勝さん

大愚元勝さん

禅宗の僧侶で登録者42万人(2021年12月現在)のYouTuberでもある大愚和尚は禅語を通して、多くの生きづらい人の悩み相談に答えてきました。大愚さんは「行き詰まったとき、最後の救いになるのは常に自分です。『自分で気づくこと』こそが、あなたが最終的に苦しみを手放していく方法です」と語ります。 長い歴史を持つ禅宗の言葉には、私たちに余計な思い込みを捨てさせ、新たな人間関係を築くヒントを与えてくれるものがあります。 今回は大愚さんの著書『最後にあなたを救う禅語』より「放下著」と「我逢人」を紹介します。(以下、本書より抜粋のうえ再編集) 【前々回を読む】⇒いつも何か満たされない人へ。生きづらい人を救う大愚和尚のことば 【前回を読む】⇒SNSでマウントしあう人へ。妄想と怒りをしずめる方法を、大愚和尚が語る 禅語_書影カバー

【放下著】ほうげじゃく:幸せになりたいのなら、得てきたものをまず捨てよ

唐の名僧、趙州禅師と修行僧・厳陽(げんよう)の禅問答の中に出てくるのが、この「放下著」という言葉です。放下とは捨て去るという意味です。著は、強調するための助詞で、「捨て去ってしまえ」という意味になります。 女性 海厳陽が「私は何も持っていませんが、どうしたらいいですか?」と問うと、趙州禅師は「捨て去ってしまえ」と言いました。 禅の教えのもっとも大切なこと、それは「執着を捨てる」ということです。 裕福な王子として生まれたお釈迦様は、29歳で出家しました。地位も家族もそれまで手にしていたものをすべて捨て、苦行の末に、人々を幸せに導く悟りを開いた方です。

人生で溜めてきた不必要な荷物を下ろす

しかし、誰もがお釈迦様のようにすべてを捨て去ることができるわけではありません。 それどころか、苦労して手に入れたものを手放すのは人間にとって至難の業です。努力に努力を重ねて得た役職や、やっと手に入れた名誉、過去の成功などにしがみついてしまいがちです。でも得たものを捨てられずにいると、それらにとらわれてかえって不自由になってしまいます。 放下することは自分を「ゼロ」にリセットすることです。潔くこれまでの栄光を捨て、「ゼロ」になることで、心の器=キャパシティにすっぽりとスペースができますから、何でも入れることができます。それまでの人生で溜めてきた不必要な荷物を下ろし、もう一度、無限の可能性を手に入れることでもあります。
次のページ 
「お金も才能もない私、何を捨てればいいの?」
1
2
3
4
5
6
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ