Entertainment

神尾楓珠が語る恋愛観「グイグイくる女性は苦手、逃げたくなる」

現場の雰囲気は心地よかった

――本作では西野七瀬さん(北代)、平祐奈さん(東雲)、馬場ふみかさん(宿木)の演じる、タイプの違う女子3人に囲まれる状況でした。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
現場の雰囲気は心地よかった

『恋は光』より

神尾「最初は戸惑いましたね。現場でどう振舞ったらいいんだろう、どのくらいコミュニケーションを取ればいいんだろうと。でもみんなすぐに仲良くなれて、思ったより心地よかったです」 ――割と空気感の似ていそうな4人だったからでしょうか。 神尾「確かに、それはあるかもしれません。みんな落ち着いてますね」

グイグイ来られるのは苦手

――きゃぴきゃぴ女子3人に囲まれたらキツかったですか?
グイグイ来られるのは苦手

『恋は光』より

神尾「それはキツイですね(笑)。あと僕は気の強い人が苦手なので、この作品で言うと宿木みたいなタイプはちょっとダメです。グイグイくるので、そうなると逃げたくなります。僕は自分がグイグイいくほうがいいです」 ――宿木は苦手とのことですが、北代と東雲なら、ご自身はどちらに行きそうですか? 神尾「幼なじみの北代とは一番自然体でしゃべれるだろうし、東雲さんは守りたくなるタイプですよね。うーん。どっちも可能性があると思います」
次のページ 
毎回、最初は「できるかな」と不安
1
2
3
4
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ