♂&♀

エッチの時、電気は消す?部屋の明るさ別の楽しみ方3パターン

 セックスの雰囲気作りに重要な役割を担っている「部屋の照明」。皆さんはどのぐらいの明るさで愛し合うのが好きですか? 部屋の明るさに合わせたエッチの楽しみ方 「ラブリサーチ」が会員女性を対象に行った『セックスのとき、部屋の明かりはどうしていますか?』というアンケートでは、「薄暗い程度の明かりが好き」と答えた人が132名中60.6%で最も多い結果となりました。一方で、「明るくしている」「電気は全て消している」という人も一定数いるようです。  「裸を見られるのが恥ずかしい」という理由でセックス中に電気を消したがる女性は多いですが、男性の中には「明るい方が興奮できる」という人もいます。そこで今回は、それぞれの「部屋の明るさ」にあわせたセックスの楽しみ方をご紹介します。 =============== Q.セックスの時、部屋の明かりはどうしていますか? ・薄暗い程度の明かり(80名) ・明るくしている(34名) ・電気は全て消している(真っ暗)(18名) 回答時期:2016-01-21~2016-01-29 総回答数:132名 ===============

「明るい部屋」でのセックスの楽しみ方

・彼が明るいのが好きなので ・彼の表情が分かるから ・お互いの体が見えて興奮する  明るい部屋でセックスする醍醐味は、お互いの体や表情がよく見られるところ。普段は洋服で隠れている部分が見えるといやらしさが増します。洋服を一枚一枚丁寧に脱がされ、丁寧に愛撫されると、エッチな気分が盛り上がりますよね。とくに男性は視覚で興奮する生き物なので、女性が恥じらいながら感じる姿は“最高のギフト”になります。  明るい部屋でのセックスは、ぜひ「アイコンタクト」を意識してみてください。目は口ほどに物を言うということわざがあるように、目を合わせることで「言葉以上」に相手の気持ちを読み取ることができます。キス、ハグ、挿入などそれぞれの行程でアイコンタクトを取るようにすると、愛情や一体感が感じられ、彼とのコミュニケーションがぐんと深まるはずです。
次のページ 
「間接照明での薄明かりの部屋」でのセックスの楽しみ方
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ