Love

婚活は効率的に!2年で4人のダンナ候補を“お試し”する方法

 こんにちは。中高時代の4軍男子(非モテ)から這い上がった経験をもとに恋愛をロジカルに分析するコラムニスト、堺屋大地です。

 今回も前回前々回に続き婚活をテーマとしたお話をさせていただきます。

 前回のコラムでは、婚活市場における女性の市場価値は年々下がっていってしまうので、世間的にある程度のステータスの男と結婚したいなら、婚活は「焦らずじっくり」というスタンスではなく、あらかじめ2年間ぐらいと猶予を決めて短期決着させるべきとお伝えしました。

2年で4人の旦那候補を“お試し”する方法 今回はその2年間をどう過ごすか、具体的にお話ししたいと思います。

交際開始から3カ月はケンカしまくる



 2年間って短いですよね。特に人生を左右する結婚相手探しですから、じっくり選んで、じっくり交際してから決めようとしたら、2年間じゃ1人か2人しか“お試し”できないでしょう。

 ではどうすればいいのか?

 半年に1回ぐらいの早いペースで結婚相手を見定めていけばいいんです。

 半年ペースで見定めていけば、2年間で4人“お試し”できることになりますからね。

 具体的にはこうです。旦那候補を探す期間の目安は3カ月。この期間は積極的に合コン、飲み会、相席居酒屋、婚活パーティーに足を運びましょう。

 そして、その3カ月のうちに出会った誰かと、とりあえず交際してみましょう。深く考えすぎず、学生時代の彼氏選びぐらいのノリでいいと思います。

 さて、次が僕の提唱する半年ペースという方法論の最大のポイント。

次のページ 
最大のポイントとは?

1
2
3
4




あなたにおすすめ