Lifestyle

「下北沢に住んでるだけでサブカル女子扱いはやめて!」人気の街にも難点が

サブカルが苦手なのに“サブカル女子”扱い



下北サンデーズ

上戸彩が下北沢の小劇場団員役のドラマ「下北サンデーズ」ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン

「私、けっこうお酒が好きなんで引っ越してきた当初はよく一人でもフラッとバーに立ち寄ったりしてたんですよね。ただ、どうしても下北沢の飲み屋の雰囲気にだけは馴染めなくて……一人呑みする時は、あえて別の街に行くようにしています」

 それは一体なぜなのか?! 下北沢の飲み屋といえば、俳優やミュージシャンなどの芸能人も数多く通っているため、そうした著名人と知り合いになる機会も多いようなのですが……。

「なんというか、下北沢に住んでると『サブカルって感じだよね~』と、やたらサブカル女扱いを受けがちなんですよね。

 確かに下北沢の飲み屋に行くと店員さんも客も、そういう雰囲気持ってる人は多いです。有名人も圧倒的にサブカル感のある人が多いし……。ただ、私はけっこうそういう空気が苦手なんです」

下北沢の住人はサブカルとは無関係な場合が多い



小劇場「ザ・スズナリ」

小劇場「ザ・スズナリ」界隈 写真はGoogleストリートビューより

 サブカル女子に見られたくない……下北沢に住んでおきながら、そう考えるのは矛盾と思われるかもしれません。しかし、サブカル系の方々は下北沢に「遊びに来る」人が大半のようで、R子さんのように利便性を第一に考えて下北沢に住んでいる人は意外と多いとか。

「私は赤羽や立石のようなセンベロスポットによく行くのですが、そこでたまたま相席した下北沢在住の女の子と仲良くなったこともありますよ。その子も下北沢では呑みたくないそうで、近所に住んでるのに会うのはもっぱら別のエリアですね(笑)」

 どうやら、下北沢住民=サブカル好きとは限らないようです。

シリーズあの人気の街に住んでみたら… vol.3―

<TEXT/もちづき千代子>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

もちづき千代子
フリーライター。日大芸術学部放送学科卒業後、映像エディター・メーカー広報・WEBサイト編集長を経て、2015年よりフリーライターとして活動を開始。度を超したぽっちゃり体型がチャームポイント。
1
2




あなたにおすすめ