Love

二股かけたCAが両方まとめて破局…クリスマスは波乱の季節

 クリスマスは恋人たちにとって、楽しみなだけでなく、試練のときでもあります。ちょっとした行為が大きくプラスの評価になる可能性もあれば、マイナスの評価になってしまうおそれがあるからです。

「クリスマス前に同棲中の彼と大ゲンカして別れ、クリスマスは疲れがどっと出たせいか風邪で寝込んでしまいました」

客室乗務員

画像はイメージです(以下同じ)

 元CAの田村久美さん(仮名・30歳・既婚)は3年前の一人ぼっちのクリスマスを苦笑いしながら打ち明けてくれました。一体、何が起こったのでしょうか。

タッキー似のイケメンと同棲



 23歳から29歳まで国際線のCAだった田村さん。26歳から1年間同棲していた相手がいたそうです。

「顔がタッキー(滝沢秀明)似のイケメンとバーで知り合って、勢いですぐ暮らしました。大手通信会社に勤務の彼は穏やかで、私のことを理解してくれていると思っていましたが、ヒドいケンカになったんです」

 ケンカの原因は、彼女の自由すぎる恋愛観にありました。

「独身の頃は自由恋愛で良いと思うんです。いろんな人と恋愛することで成長できたり、男を見る目を養うことができますからね。自由な恋愛観を持っていた私は、同棲中の彼氏だけでなく、子供がいない妻帯者とも付き合っていました」

代理店マンと6回目のデートで不倫関係に…



 同棲してから半年後に、仕事先のヨーロッパで広告代理店のクリエイティブ部門の35歳の男性と偶然に出会い、帰国してから誘われるままデートに応じた田村さん。体の関係を持つまいと決めていたが、6回ぐらいのデートの後で、ホテルでとうとう……いわゆる不倫関係になったのです。

バー「男女関係になるとすぐ盛り上がるじゃないですか。フライトの合間に会うので、帰宅も遅くなってしまうけど、でも同棲中の彼氏には気づかれないように注意し、優しくしていました。だって私の勝手で二股状態になってしまったのですから」

 事態の急変は、祝日の勤労感謝の日から1週間予定のハワイ旅行の前日に起こりました。

「同棲中の彼氏が旅行のプランから現地での日程も全部手はずを整えてくれたので、私は彼と一緒にハワイに向かうだけの楽ちんな旅行。その前日、フライトの帰りに不倫相手とバーに飲みに行ったのです」

次のページ 
同棲相手の不満がついに爆発

1
2




あなたにおすすめ