Love

“ちょいブス”好きなイケメンの謎。「しかも僕がいつもフラれる…」

 世の中には“だめんず”と呼ばれるダメ男好きの女性がたくさんいますが、総じて”だめ女”ばかりにハマってしまう男性も少なからず存在します。

婚活している男性の肖像

写真はイメージです(以下同じ)

 今回「婚活男性」としてインタビューしたのは、都内で広告代理店に勤めているIさん。今年で34歳、今流行りの“塩顔男子”とでもいいましょうか。坂口健太郎に少し似たサッパリした顔立ちで背も高く、一見してモテるだろうなぁ……と感じさせるルックスの持ち主です。

いつも言われる「お前の彼女、ブスだよな」



 そろそろ結婚を視野に入れた恋愛をしたいと考えているようで、現在婚活の真っ最中。しかし、知人たちからは口を揃えて「たぶん無理だと思う……」と言われているのだとか。

 実はIさんは、過去に2度の婚約破棄をされているのです。どちらの女性も、決して一般的に目を惹くようなキレイ系ではなく、どちらかといえば地味な、決して美人とは言えない女性だったと言います。

「これまでそれなりの数の女性とお付き合いをしてきたのですが、周りの友達にはいつも『お前の彼女はブス』と言われてきました」

初めての彼女に優しくしすぎた結果…



「最初に婚約したのは25歳の時で、大学の同級生でした。同じサークルで初対面の時に『優しそうな子だなぁ』と一目惚れ。あとで聞いたら、ほかの男性メンバーの中では一番『ないわー』と言われていた子でした」

 芸能人に例えると、若手芸人のガンバレルーヤ・まひるみたいな感じの子だったとか。Iさんにとっても初めての彼女だったとのことで、とにかく彼女に尽くして甘やかして、ワガママも何でも聞いていたそうです。

婚活男性 そして6年の交際を経て婚約に行き着いたわけですが、なんと両親への挨拶の直前に突然の婚約破棄! 何が何だかわからないうちに彼女とは連絡が取れなくなり、さらに半年後に彼女はIさんも知っているサークルの先輩と結婚したと聞かされたのです。

「僕と付き合ったことで自信を持ったのか、ちょっと見た目も洗練されて前よりはイイ女風にはなってたんですよ(笑)。そしたらまさか2年前から二股されていたらしく……先輩が司法試験に合格したことで乗り換えることにしたみたいですね」

控えめで家庭的な彼女も、付き合ううちに豹変



 さらに、その3年後にIさんは再びの婚約破棄を経験します。相手は合コンで知り合ったOLで、見た目は柴田理恵の歯を多少ひっこめた感じだったとか……。

「合コンでもすごく控えめで、でも料理の取り分けとかはしっかりやる、家庭的な子だったんですよ。僕が初めての彼氏だったからか、何をしてあげても喜んでくれて……」

次のページ 
いつの間にか豹変してしまった彼女

1
2




あなたにおすすめ