Love

いまどきmixiで婚活する39歳商社マンの言い分。「婚活女性にもうゲンナリ…」

 なかなか実情が見えにくい男性の婚活事情ですが、ときに婚活に対する意識の違いや温度差は、男女でかなり差が出ることもあるようです。

 今年で婚活歴2年半の斉藤拓実さん(仮名・39歳・商社)は、婚活はしているものの、「自分からガンガン攻めるのではなく、そのうちいい出会いやきっかけがあったらいいなあ……」と、かなりゆっくりマイペース。

結婚「結婚したい願望はもちろんあるので、婚活をはじめた当初は婚活パーティーやイベントなど色んな行事に進んで参加しました。でも、そこに来る女性がみんな『できれば最短距離で結婚をしたい』『なるべく効率良く良い“物件”を手に入れたい』と、どこか機械的というか。

 恋愛感情や相性とか育むべきところをすっ飛ばして、自分の安定のためだけに効率を重視しているように思えてしまったんです。婚活イベントなのでそれは当たり前だろう、何を夢見てるんだと言われればそれまでなんですが……」

 出産や妊娠の問題がある女性側としては、どうしても結婚を焦ってしまうのは致し方ないもの。ただ、その焦りや不安をなるべく早く解消したい! 落ち着きたいという姿勢が、斉藤さんにはどうもマイナスに見えてしまうようです。

どうしてもぬぐえない「俺じゃなくてもいいじゃん」感



 様々な婚活イベントに参加しているうちに、「結婚したい感が全面に出ている女性が苦手になった」という斉藤さん。婚活の場なんだから、全面に出てしまうのはそりゃしょうがないだろ!と思いきや、そこには複雑かつ意外とロマンチックな男性ならではの想いもあるようです。

「幼稚なことを言っているなというのは自分でも分かるんですが……趣味や性格など僕自身の話にはさらりと触れた程度で、さりげなく年収や家族構成、仕事のことをガッツリ聞かれると『むしろそっちが本題かよ』とゲンナリしてしまうというか……。

婚活男性 結婚に対してギラギラしている女性を見ているうちに、彼女たちには収入や顔など“これくらいなら許せる”という一種のボーダーラインがあって、そのラインを超える男なら誰でも“キープ”に入るんだなって分かってきたんですよね」

 そして毎回たどりつくのが「じゃあ自分じゃなくても良いじゃん」という答えだそう。

「キラキラした運命の出会いを求めているわけじゃないですが、せめて即結婚を意識するんじゃなくて、もっとゆっくりと関係性を育みたいというのが正直な気持ちです」

次のページ 
彼が見つけた「マイペースで関係性を育める出会いの場」とは?

1
2
あなたにおすすめ