Lifestyle

離婚するより別居し続けるのが得?夫のお金を離さない妻たち|離婚110番

2.「離婚するわよ」と言いながら引伸ばす

「昭和までは、夫が『離婚するぞ!』と怒り出すと、妻が『わかったわ』と夫をなだめるか、あるいは実家に帰って夫が迎えに来るのをじっと待つなど、女性は受け身でした。  ところが、今は妻のほうが『それなら離婚する!』と夫にはっきり言うケースが増加しているんです」 離婚届 きっかけは、お金の使い方や子育てのことで、夫婦の間で意見が合わなかったりすることから始まるそうです。最初は売り言葉に買い言葉でも、夫に対して不満があると、次第に妻が「離婚する」というのが口癖になるのだとか。澁川さんはこれを「離婚するするサギ」と呼びます。 「『(妻が言うことに対し)そんなことを言っていない』と夫が反論すると、『言ったでしょ』と妻が言い返して、挙句の果てに『離婚するわよ』。  本当に離婚するつもりはなくても、自分の意見を通すために離婚するすると言う。しまいに『離婚したら、子供に会えないわよ』と言われると、夫はぞっとするんです」  子供を引き合いにされると、ビビるのは夫の方だそうです。  別の事例でいえば、妻が不倫した場合も、澁川さんは、キレたり怒ったりしないようにと、ひたすら夫をなだめるそうです。 「女性は夫が騒ぎ出すと、『わかったわ』と開き直って離婚を覚悟する場合が多い。そのため夫婦の修復を願う夫には、妻を刺激してはならないとアドバイスします」  これも、昔と比べ妻の立場が強くなったことの現れですね。 ―離婚110番 vol.2― <取材・文/夏目かをる> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
夏目かをる
コラムニスト、作家。2万人のワーキングウーマン取材をもとに恋愛&婚活&結婚をテーマに執筆。難病克服後に医療ライターとしても活動。ブログ「恋するブログ☆~恋、のような気分で♪
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ