Entertainment
Lifestyle

石田ゆり子も「ネットは怖い」。SNSを休止する海外セレブや一般人が増えている

 フェイスブックやツイッター、インスタグラムなど、誰もが楽しんでいるSNS。でもその反面、最近ではSNSに疲れてしまった人も増えている模様です。筆者はロサンゼルス在住ですが、このところ、アメリカのセレブがSNSを一時休止するケースが相次いでいます。

アメリカではSNSを一時休止するセレブが続出


ジャスティン・ビーバー(C)Starstock

ジャスティン・ビーバー(C)Starstock

 人気シンガーのジャスティン・ビーバーは2016年、インスタグラムに当時のデート相手に対してネガティブなコメントを残され、その直後からアカウントを削除。半年後にインスタ復帰したようですがその休止期間が良いデトックスとなっていたよう。その甲斐あってか(?)、2018年7月にはモデルのヘイリー・ボールドウィンと婚約したことを自身のインスタグラムで潔く発表していました。

 またラッパーでキム・カーダシアンの夫としても有名なカニエ・ウェスト。最近では彼のブランドのスリッパサンダルをオシャレに履いたつもりが「小さすぎる」と逆に笑われてしまった事件を思い出し思わず苦笑いしてしまいますが、そんな彼も4~5年ほど前から諸々の理由でSNS使用のオン&オフを幾度も繰り返しているようです。

 女性では、イギリス王室のヘンリー王子に見初められ見事ゴールインされた元女優のメーガン・マークル妃。彼女は結婚数ヶ月前の2018年1月からソーシャルメディアをすべて辞めて、ロイヤルファミリーの一員として新しい人生を清々しくスタートさせていますね。

ケンダル・ジェンナー(C)Dwong19

ケンダル・ジェンナー(C)Dwong19

 その他、人気シンガーのマイリー・サイラステイラー・スウィフト、カーダシアンファミリーでモデルのケンダル・ジェンナーはじめ、多くのセレブがソーシャルメディアを一時休止または閉鎖、投稿を削除したり使用頻度をスローペースに落としているのが目立ちます。

日本の芸能界にもSNS疲れが


 日本の芸能界では、女優の石田ゆり子が8月末、インスタグラムの一時休止を示唆したのは記憶に新しいですね。アパレル販売員に対しての彼女のつぶやきをアップしたところ、フォロワーに批判されたことなどがきっかけのようです。今後はゆるゆる投稿していくとコメントを残して続行しているようではありますが。


 石田ゆり子は先日、トーク番組で「ネットの世界は怖いです。一度も会ったこともない方がお叱りの言葉をくださったりする」「みんな勝手に論じ合うというか、すごい攻撃性を感じて怖いなと思うこともあるし、たしかに正義とか思い込みとか怖いですね」(9月23日、フジテレビ系『ボクらの時代」)と思いを語っていました。

 他にも宮沢りえ華原朋美など、日本の芸能界にもSNSをやめてしまった有名人も後を絶ちません。

 海外セレブや芸能人はフォロワーの数が多いだけに、ポジティブなコメントを書き込まれるだけでなく、批判されたり、さらには炎上というパターンもあるようです。ちょっとコワいものがありますね。

次のページ 
アメリカでは一般人もSNS休止が増加中

1
2




あなたにおすすめ