Love

初めての国際恋愛。外国人男性をドン引きさせたカン違い行為って?

 外国人の彼氏と国際恋愛って、ちょっと憧れますよね。でも、実際のところ、文化の違いがあってトホホな経験をするハメになることも多いようで…。  国際恋愛デビューの話をきいてみました。 国際恋愛 30歳を機に一念発起し、アメリカ短期留学を決意した山崎かな子さん(仮名・35歳)。  初めての海外生活は社会に出てから感じ続けていた日本でのプレッシャーやストレスを忘れさせるほど楽しく、中でも、各国から集まる留学生や現地アメリカ人男性にイケメンが多かったことで少々浮かれてしまったと振り返ります。

外国人イケメンパラダイスにニヤニヤが止まらない

「最初に行った語学学校にはいろんな国から来た留学生がいました。目鼻立ちがくっきりしたイタリア人やフランス人、サッカーをする姿が無邪気で可愛い南米からの年下男子、BTSメンバーにいそうな韓流イケメンくんたち。  それまで外国人男性との免疫がなかったからですかね? 今、考えたら中の下くらいの顔の子たちまで当時は外国人なら誰でもかっこよく見えてしまって、これで恋に落ちないなんて無理だと思っちゃいましたよ(笑)」  アメリカでの国際恋愛デビューの可能性に当初ニヤニヤが止まらなかった山崎さんでしたが、バレンタインデーに痛い行動に出てしまい出鼻をくじかれることに。 ハート

バレンタインのカン違い発言で「キモい女」認定

「当時、フェイスブックにハマっていた私は、毎晩のように学校のみんなとメッセンジャーでチャットしながら勉強していました。  その中にちょっと気になるラッセル・クロウをシュッとした感じのフランス人男子がいたので、日付が変わってバレンタインデーになったばかりの深夜0時に『Happy Valentine‘s Day!』と彼宛にメッセージを送ってみたんです」
ラッセル・クロウ主演「ビューティフル・マインド」パラマウント

ラッセル・クロウ主演「ビューティフル・マインド」パラマウント

 ところが、「付き合ってもいないのに怖えーよ……」とドン引きされてしまい撃沈。留学先のアメリカや彼の出身地フランスでは、バレンタインは交際中や既婚のカップル同士が本気の愛を確かめ合う日。知り合ったばかりの同級生がメッセージを送るような日ではなかったようです。 「日本でメリークリスマスを言うのと同じ感覚で送ってしまったんですが、欧米では非常識だったみたい。日本とは逆に男の人から女の人にギフトを贈る日だということも後から知りました。  まだ何もアクションを起こしていなかったので戦わずして負けてしまった感じ。日付が変わってすぐという素早さも相まって、そのあと私は彼に“気持ち悪い女認定”されてしまったみたい。デートに誘うどころか、ろくに話もできない関係になっちゃったんです 」

ボーイフレンドができたが、ありがちな失敗も

「でも数カ月後には、アメリカ人のボーイフレンドができたんですよ」と嬉しそうに語る山崎さん。彼とはランゲージエクスチェンジをして、お互いに英語と日本語を教え合ううちに意気投合、交際に発展したとか。  しかし、ボーイフレンドとのラブラブ会話の最中にも国際恋愛デビューしたての初心者にありがちな失敗があったといいます。
「ゴシップガール 前半セット」ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

「ゴシップガール <ファースト> 前半セット」ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント

「もともとアメリカの映画やドラマが大好きで、留学費用が他の地域より高くても無理してアメリカを選んだんです。 『プラダを着た悪魔』や『ゴシップガール』の主人公たちにあこがれていたこともあって、彼女たちみたいなロマンチックなフレーズを実践で使ってみたくってウズウズしていました」  そんな中、訪れた3度目のデート。週末の夜、ディナーのあとに雰囲気の良いバーへ飲みに行ったときのこと。
次のページ 
ヒロイン気分でアイ・ラブ・ユー!だが…
1
2




あなたにおすすめ