Lifestyle

BBQでおしゃれママ軍団にコケにされた独身女性、意外な特技で大逆転!

“たこ焼き”で子どもたちの人気者に

「おしゃれパパの1人が『タコ焼きプレートを買ってきたのでタコ焼きをやろう』と言い出したんです。おしゃれママたちは『え~、たこ焼き~?』なんて言っていましたが、子供たちは大はしゃぎ。 『やりたい!』と言って、たこ焼きを焼きだしたんですが誰も上手くひっくり返せなかったんです。子供たちが『ママかパパやって』と託すも、全員たこ焼きを焼くのに慣れていないのか手際がすごく悪いんですよ。それを見て、思わずウズウズしてきたんです」 華麗なたこ焼きさばきで、子どもたちの人気者に 実は亜子さんの出身は関西。幼いころから家でたこ焼きを作っていた亜子さん、見るに堪えかねて「ちょっと貸してもらっていいですか?」と横から、たこ焼きをひっくり返す竹串を奪い取ったといいます。 「しかも具がキャベツとタコだけなんです。ダシも入っていないし、せっかくのタコパなのにタコだけなんて信じられない! と、明太子やチーズやら入れて作りなおしましたよ。そして得意の高速たこ焼き返しを披露すると……子供たちは『お姉ちゃんすごい!』『もう1回やって』と大興奮。  数分で大量のたこ焼きを作ると、すぐに食べた子供たちは『おいしい』と大喜び。おしゃれママ達は面白くなさそうな顔をしていましたが、おしゃれパパの1人が『やっぱり(オーガニックのパンとかより)、たこ焼きとか作れる女のコのほうがいいよね』と言うと、ママ達は『キー!』となっていましたね(笑)」

たこ焼きのおかげで彼氏もゲット

 「買ったばかりのワンピースは汚れてしまいましたけどね……」と苦笑する亜子さん。しかしその後、嬉しいことがあったそうです。 「唯一、独身だった男性の1人に『友達でたこ焼きパーティーをやりたいって奴がいるんだけど、良かったら今度来てくれませんか?』と言われたんです! 後日そのパーティーで、たこ焼きの話で盛り上がった関西の人と付き合うことになったんです」  現在、その彼との結婚に向けて準備を進めているという亜子さん。亜子さんの結婚の決め手となったのは、モテファッションでもなく、おしゃれな料理でもなく、地元の味である『たこ焼き』にあったようです。 ​​―シリーズ「春のトホホ」体験談― <文/結城> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
結城
男女観察ライター。鋭い視点で世の男女を観察し、 夫婦問題からイタい火遊びまで、幅広いエピソードを華麗に紡いでいく。Twitter:@yuki55writer
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ