Lifestyle

「1晩で5回」妊活妻に地獄のノルマを課せられた夫の告白

ぼくたちの離婚 Vol.12 完璧なあなた、勝ち組のわたし #1】

完璧を求める東大出のCEO

 森岡賢太郎さん(仮名/現在38歳)はITベンチャー企業のCEOだ。東大に現役で合格、卒業後に外資系の有名コンサルティング会社に3年ほど在籍したのち、友人が起業した現在の会社に合流。資金調達業務で抜群の手腕を発揮し、ほどなくして経営陣に加わった。  輝かしい経歴や重責を担う日々の激務とは裏腹に、森岡さんの顔は優しい小動物系。タレ目で、人懐っこく、誰からも好かれそうな雰囲気に満ちている。体躯は長身で細身。無駄を削ぎ落としたアスリートのような肉体が、ラフに着こなしたパーカーの上からもうかがえる。実は森岡さん、水泳・自転車・長距離走をこなすトライアスロンの選手・トライアスリートとしてかなりの実力者。国内の大会では結構な好成績を残しているという。
※写真はイメージです

※写真はイメージです(以下同)

 綿密に目標を設定し、自分を律し、黙々と努力し、達成する。経営者としても、トライアスリートとしても、森岡さんはずっと完璧を求めてきた。のちに妻となる真希さん(仮名/現在36歳)と出会ったのも、トライアスロンが縁。2012年のことである。 「大会を通じて知り合ったトレーナーさんが独立開業するということで、そのレセプションに行ったら、受付をやっていたのが真希でした。彼女の本業は社会福祉士なんですが、そのトレーナーさんが真希の地元の同級生だった縁で手伝っていたそうです。受付でLINEのアカウントを登録したことをきっかけに、個別に連絡を取り合うようになりました」

妻の写真は「全部削除した」

 仮名を「真希」としたのは、森岡さん曰く「妻から聞くところによると、高校の時はずっとゴマキ(後藤真希)に似ていると言われていた」から。「目が離れていて、どちらかというと派手な顔」だそうだが、真希さんの写真は「全部削除した」とのことで、見ることはできなかった。
「真希と出会うまで知らなかったんですが、社会福祉士は心身面や金銭面でハンディキャップのある人の日常生活を支援する仕事です。真希は、さまざまな事情があって身内に引き取り手がない人に手を差しのべたり、終末医療のアレンジもしていました。ただ、難しいケースをいくつも抱えていて、当時からすごくストレスをためていたんです」  当時の真希さんは東京の某区にある病院に所属していた。 「土地柄、エグい人が多いというか……。病院を転々とする“反社”の人に面倒をかけさせられたりと、とにかく厄介事が多い。仕事で疲れたという話をよくLINEで送ってきたので律儀に返していたら、真希のほうから急速に距離を詰めてきました」  当時の真希さんは埼玉県の越谷住まい。森岡さんは都内で一人暮らし。交際は順調に進む。しかしこの5年後、真希さんは3人の医療関係者と不倫し、家を買うための貯金1000万円を使い込む
次のページ 
献身的だった妻が…
1
2
3
4
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ