Love

「俺の夢を応援してくれ」芸人彼氏のクズ過ぎる裏切りに絶句

 思わぬところに潜んでいる“だめんず”。このシリーズでは、そんなダメな男性に捕まってしまった女性たちの話を紹介していきます。
カップル

写真はイメージです(以下同じ)

 お笑いといえば、ハマる人はとことんハマるジャンルです。  今回は、お笑いの中でも、いわゆる“地下アイドル”ならぬ“地下芸人”にハマった経験があるという、梨花さん(仮名・26歳)にお話を聞きました。

熱くお笑いへの夢を語ってくれる彼に夢中に

「数年前に私がハマった芸人、明(仮名)は、漫才コンビのツッコミでした。地下芸人という名前にふさわしく、まさに地下にあるライブ会場での出演がメインの駆け出しの芸人。私は元からお笑いが大好きだったので、ライブに行ってたまたま明のコンビを知り、ファンになったんです」  とあるSNSで「ファンになりました」といった内容のDMを明さんに送ると、すぐに返事が来たと言います。 「それまでも芸人とDMなどでやり取りをしたことはありましたが、『いつもありがとうございます』ぐらいで終わっていたんですね。明の場合は、なぜ自分が芸人を目指しているのかとか、お笑いに対する情熱とかを語ってくれて。ますます好きになりました」  明さんのコンビが出演するライブに梨花さんが足を運ぶうちに、2人は深い仲になったのだそうです。

バイトを増やし過ぎたら、夢が叶えられない

「明の住むアパートにも呼ばれるようになったんです。明がキラキラした目で『俺はいつかさんまさんぐらい売れるから、一緒に夢を叶えてほしい』と語るのを聞くことが大好きでした」 アルバイト 明さんにのめり込んでいった梨花さん。明さんは、次第に無茶な要求を梨花さんにするようになっていきます。 「明は、生活費が足りないからと、私にお金を貸してくれと言うようになりました。『俺がバイトを増やしすぎたら、芸人の夢が叶えられなくなるから』と言われると弱く、ついついお金を渡してしまったんです」  貸したお金は1円も返ってくることがなく、気がつけば、2人は明さんのアパートで半同棲。明さんの生活費を梨花さんが負担する形になっていたそうです。 「私は高卒で就職していたのですが、2人分の生活費を出せるほどの稼ぎや貯金はありませんでした。そのために、副業をはじめました。私はそれまで、明の出演するライブには必ず行くようにしていました。多忙のあまり、さすがにそれはできなくなったのですが……」  明さんは、さらに驚きの要求をします。
次のページ 
チケットノルマのためだから……
1
2
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ