Fashion

夏の強い光を感じたら…ブラックドレスを身にまとって

黒いドレスには「合わせないな」というものをあえて合わせて外す

 そんなドレスを手に入れたら、今の気分にふさわしく外したり、崩していきます。  外す、崩すとは、完璧な状態からどこから外したり、崩したりするという意味です。  例えば、端正でエレガントな黒いドレスだったら、黒いハイヒールや黒い革のバッグにゴールドのジュエリーをつければ完璧なドレススタイルになるでしょう。けれども、今の気分は、このシャネルのように、端正なものをいかに外すか、崩すかにあります。その外しや崩しがラフィアの帽子であったり、サイクリングパンツであったりするわけです。
サマーブラックドレス

黒いドレスには「合わせないな」というものをあえて合わせて外す、崩す
(※画像:WEARより)

 その外し方、崩し方の方法はどうやるのかというと、普通だったらこの黒いドレスには合わせないなというものをあえて合わせれば、それでOK。このシャネルのルックのように、ラフィアや麦わら帽子もいいですし、スポーティーなサンダルもいいでしょう。

ルック全体をジュエリーで格上げ

 外したり、崩したりしたら、それで終わりというわけではありません。次には、ルック全体をジュエリーで格上げします。  黒にはゴールドのジュエリーが定番ですが、シルバーでもいいでしょう。ポイントは、ジュエリーと、バッグや靴に使われている金具の色をゴールドならゴールドに、シルバーならシルバーに統一すること。端正なドレスに、きっちり統一されたジュエリーというしっかりした枠があれば、少しぐらいの外しや崩しが入っても、そのルックが壊れるということはありません。
サマーブラックドレス

ジュエリーと、バッグや靴の色を統一するのがポイント
(※画像:WEARより)

 シックやエレガントに仕上げる場合、コーディネート全体に使う色を3色以内におさめるのは定番ですが、通常、ジュエリーの色はこの3色には入れません。  例えば、黒、白、ベージュの3色で全体をコーディネートして、ジュエリーがゴールドだとしても、それは1色として数えないことになっています。また同様に、色がついていないクリアなトランスペアレントも1色として数えませんので覚えておくといいでしょう。
サマーブラックドレス

少しぐらい外しのアイテムを付け加えてみても、アクセサリーを過剰に盛ってみても、真夏であれば、悪目立ちにはならない
(※画像:WEARより)

 端正なドレスを選び、色をしっかり統一すれば、少しぐらい外しのアイテムを付け加えてみても、またアクセサリーを過剰に盛ってみても、真夏であれば、それは悪目立ちにはなりません。少し大げさなぐらいに、アクセサリーや小物を盛ってみるといいでしょう。  <文/小林直子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
小林直子
ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ