Job&Money

女性看護師が嘆くトンデモ患者たち「殴られるなんて日常茶飯事」

 理不尽な要求を押し通そうとする客「モンスター客」や「カスハラ(カスタマーハラスメント)」という言葉がニュースやSNSで話題になっています。 「カスタマーだったら来なくなるだけだからラク。正直、患者は切りたくても切れないんですよ」と嘆くのは医療現場で働く人達です。
モンスターペイシェントに悩む医療現場で働く女性

写真はイメージです(以下同)

 彼女達を悩ませるのは、医師や看護師に対して理不尽なクレーム等を要求する患者「モンスターペイシェント」。騒ぐ、暴れる、殴られるは当たり前、モンスター患者に頭を悩ませる医療従事者に取材しました。

暴力はしょっちゅう。セクハラも

 まず話を聞いたのは、東京郊外の総合病院に勤務する看護師のMさん(38歳)。勤務歴15年のベテラン看護師のMさん、「長く勤めているとモンスターペイシェントも慣れてくる」と言いますが、困っていることは常にあるといいます。 「正直、暴力を受けるのはしょっちゅうですね。特に多いのは薬を出せと要求してくる患者で、この前も睡眠薬を出せと言われたのですが『それなら再検査が必要ですね』と断ったらスリッパで殴られました。点滴中とかで手が使えない患者だと蹴られたり噛み付かれることもあります。 女性看護師に「お尻拭いて」と頼んでくる老人 でも、もっと理不尽なのはセクハラをしてくる患者です。若い看護師には担当させないのですが、『お尻を拭いてくれ』と要求してきてズボンを脱いで局部を見せられたり。断ったらグーで太ももを思いっきり殴られました。そういうセクハラ患者は男性看護師に下の世話をさせると、すぐに大人しくなりますけれど」

脱走して駅前で暴れた人も

 だが、「殴られるだけならまだマシ」と話すMさん。最も対応が困難なのは精神疾患により暴れたり騒いでしまう患者だといいます。 「精神疾患の患者だと暴れることもあります。この前も『薬が足りない』と大暴れした患者がいたんです。病院に置いてある防犯用の刺又を持って暴れていて、私もそれで殴られました。最終的に男性看護師がその刺又を奪い返して押さえつけて、どうにか薬を飲ませて落ち着かせました。  他には、私はその現場にはいなかったのですが、ご飯を食べる・食べないで看護師と揉めた患者が脱走して駅前で大暴れしていたそうです。病院の悪口をあることないこと叫んでいたそうで、警察まで出てくる騒ぎになっていたそうです。警察も手に負えないので、看護師が安定剤を注射して連れ戻したと言っていましたね……」
次のページ 
あの手この手で医療費を踏み倒す
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ