Lifestyle

能町みね子が挑む、ゲイ男性との恋愛感情抜き“結婚”の記録『結婚の奴』/久保ミツロウ氏コメントあり

 能町みね子さんの新刊『結婚の奴』が話題です。
左から、サムソン高橋さんと能町みね子さん(2019年の対談時 写真/山田耕司)

左から、サムソン高橋さんと能町みね子さん(2019年の対談時 写真/山田耕司)

 ゲイの男性と「結婚」と称して同居を始め、恋愛でも友情でもない二人の生活をつくるまでの日々が、最初はウェブマガジンに『結婚の追求と私的追究』として連載されていました。その後、昨年12月に単行本化されると、すぐに大きな反響を呼び、数日後に1万部重版、現在は3刷が決定しています。  自身も、恋人でも友人でもない男性とルームシェアした後に入籍した、ライター藍川じゅんさんにレビューしてもらいました。(以下、藍川じゅんさんの寄稿です)

能町みね子さんが挑む「結婚」という名のプロジェクト

 コラムニスト、イラストレーターとして活躍する能町みね子さんの新刊『結婚の奴』。 『ホモ無職、家を買う』などの著作で知られるライター・サムソン高橋さんと共に始めた「夫婦(仮)」生活を描くエッセイだ。  結婚・恋愛の「常識」に違和感を抱き続けた著者が、デブ・フケ専のゲイ男性と恋愛感情のない「結婚」に至るまでの経緯が綴られている。
能町みね子『結婚の奴 』平凡社

  能町みね子『結婚の奴 』平凡社

 ツイッター上のバーチャルな友達だった2人が、いきなり「結婚を前提とした」交際を始め、夫婦として同居する―。 『結婚の奴』では、そんな突飛な「結婚」生活が、無駄のない簡潔な文章で描かれる。  呼び名が少しずつ変わったり、家に帰って「ただいま」と言ったり、小さなことで意見が割れて喧嘩したり。誰かと一緒に暮らし始める時の緊張感や浮き足立った空気が絵のように伝わり、ふと差し込まれる「ですます調」の文体のインパクトによって、さらに引き込まれていく。
サムソン高橋原作、熊田プウ助 作画『ホモ無職、家を買う』 実業之日本社

サムソン高橋原作、熊田プウ助 作画『ホモ無職、家を買う』 実業之日本社

 そして、著者は、夫(仮)であるサムソンさんに対する好意や敬意を包み隠さず表現する。もともと能町さんのファンだったというサムソンさんも、毒を吐きつつ優しい気配りを絶やさない。 「恋愛感情はなく、性的欲求はそれ以上にありえない」2人だが、やりとりの端々からお互いへの敬愛の念が読み取れる。「ふと何かちょっと喜ばせたいと思う相手」という言い方も素敵だ。  しかし、この本のメイントピックは「ちょっとふしぎな夫婦のノロケ話」というわけでは、もちろんない。
次のページ 
世間一般の「常識」に戸惑い、憎悪し、もがく様子
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ