Fashion

夫と自分の服の好みが違う。YUKIみたいなファンシーな服だと夫は嬉しそうだけど…

夫にポジティブな感情を抱かせる方法は他にないのか探してみる

 では最終的にどちらを選べばよいでしょうか。それは質問者が最終的にどのような状態になりたいかによります。  自分の好みの服を着て、自分にポジティブな感情を抱かせ、それを維持し続けることが最終的な望みなのか、それとも、夫の好みの服を着て、夫にポジティブな感情を抱かせ、その夫の感情の状態を見て、質問者本人が抱くなんらかの感情を維持するほうが大事なのかについて、まずは考えてみましょう。
質問12「夫と自分の服の好みが違う」

夫にポジティブな感情を抱かせるための方法は“服”以外にはない?
(※画像はイメージです)

 そうして、もし夫にポジティブな感情を抱かせた結果、得られる自分の感情の維持が日常において大切だと考えて、かつ自分が着る服によって抱く感情も捨てがたいと考えるのなら、夫にいつもポジティブな感情を抱かせるための方法が夫の好みの服を着ること以外には何かないのか、探してみるのもいいのではないでしょうか。  質問の冒頭にもあるように、「日々の暮らしのちょっとした会話で困った気持ち」になるということですから、それはもしかして質問者が着ている服だけの問題ではないかもしれません。  もし違うのだったら、必ずしも夫の好みの服を着なくても、言葉やふるまいによって、状況は簡単に変わる可能性があります。
質問12「夫と自分の服の好みが違う」

夫の好みの服を着なくても、言葉やふるまいによって状況が変わる可能性も
(※画像はイメージです)

自分の人生において何が一番大事か、そしてどういう状態になりたいか

 いずれにしても、質問者は自分の感情も他人の感情もよく理解できる人です。そして、自分の行動によって、自分の感情も夫の感情もポジティブにすることができる能力を持っています。  自分の人生において何が一番大事か、そしてどういう状態になりたいかを考えて、何を着たらいいか、どういう行動をとったらいいか、自分で決めてみてくださいね。  自分で決めたことが最も納得できるし、一番後悔がありません。悔いのない人生のためにも、自分で決断して行動しましょう。  ★あなたも小林直子さんにファッションのお悩みを相談してみませんか?コーディネートのことやワードローブの組み立て方、ファッションに関わるライフスタイルについてなど、ファッションに関することであれば何でも結構です。随時募集しています。 <文/小林直子> ⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
小林直子
ファッション・ブロガー。大手ブランドのパターンナー、大手アパレルの企画室を経て独立。現在、ファッション・レッスンなどの開催や、ブログ『誰も教えてくれなかったおしゃれのルール』などで活躍中。新刊『わたし史上最高のおしゃれになる!』は発売即重版に
1
2
Cxense Recommend widget
【小林直子さんへのファッション相談募集!】
ファッション・ブロガーの小林直子さんが、あなたのファッションの悩みにお答えします。相談したい方は、こちらのお問い合わせフォームまで、お名前はハンドルネームまたは匿名希望、題名の冒頭に【小林直子さん相談】を入れ、お送りください。コーディネートのことやワードローブの組み立て方、ファッションに関わるライフスタイルについてなど、ファッションに関することであれば何でも結構です。
※相談内容の一部を変えて取り上げさせていただく場合がございます。


あなたにおすすめ