Lifestyle

高収入の仕事をやめて留学した33歳女性。フランスで“別人”になっちゃった

「仕事を辞めようと思う」。家族や友人から突然こんなことを切り出されたら、あなたはどんな反応をしますか? 「私、仕事辞めてフランスへ行くことにした!」。親友からいきなりこう告げられ、ひっくり返りそうになったと語るのは、都内に住む聖美さん。 留学 好きな業界で働き、充実した毎日を送っていた親友が、これまでの生活を捨てて海外へ……。当初はその大胆な決断に首を傾げたという聖美さんですが、事態は思わぬ展開を見せたと振り返ります。

「人間いつ死ぬかわからないから、後悔なく生きたい」

 聖美さんの親友、尚子さんがフランス行きを決めたのは33歳の時。大手マスコミで働き、忙しいながらも充実した日々を過ごしていたはずでした。 「尚子は、やりがいがあって収入も良い当時の仕事にすごく満足していました。設備の良い新築マンションに住んで、友達とグルメや旅行を楽しんで、恋人はいなかったけど、独身生活を謳歌(おうか)していた。それなのに、仕事も辞めて、フランスに語学留学するっていきなり聞かされて。ぶっ飛びましたよ」
フランス・エッフェル塔

以下、留学中の尚子さんが聖美さんに送った写真(尚子さんご本人の許可を得て掲載)

 転勤や結婚などの事情で海外へ行くなら理解できるけれど、好きな仕事を辞め、現在の生活を捨ててまで、なぜ語学留学するのか理解できなかったと聖美さんは話します。 「仕事を辞めて後悔しない? もう少しじっくり考えたら? って説得したんですけどね。だって尚子はずっとマスコミ志望で、編集の学校などにも通っていたんです。やっと希望の仕事ができるようになったのに、もったいないなと思って」  でも尚子さんの決意は固かったといいます。 「実は尚子がフランス行きを決断する少し前、身内の方に不幸があったんです。以前からフランス語は勉強していたし、憧れてはいたんでしょうけど、それよりも身内が若くして亡くなったことが影響したみたいです。人間いつ死ぬかわからないから、後悔がないように、今のうちにできることをする。そう心に決めていたようです」

“愛の国”で目覚めた? 結婚願望を爆上がりさせて帰国

 間もなく退職し、渡仏した尚子さん。たまに送られてくるメールでは、現地での生活を満喫している様子だったそうです。そして、予想外の変化も……。 「正直、留学と言っても半分はバカンスみたいなものかななんて思っていたんですが、全然違いました。向こうでの尚子は、朝から夕方まで必死で勉強していたようです。時々連絡を取ると、フランス語は難しくて大変だと言いながらも楽しんでいた様子でした。  でも私からすると、言葉以上に学んだことがあったと思います。なんて言うか……さすが“愛の国”フランスって思いましたよね(笑)」
フランスの老夫婦

「さすが愛の国!」と尚子さんが送ってきた写真。郊外でのワンシーンだそう。

 聖美さんによると、尚子さんは元々、恋愛に冷めているタイプだったそうです。 「『束縛されるのが嫌だから、恋とか結婚とか面倒くさい』と言っていたんです。それが、帰国してから結婚を意識する発言がやたら多くなって、あれ? と思いましたね。カップル文化が根付いている国にしばらくいて、感化されたみたい。フランス人女性に憧れてもいたので、愛に生きる女性たちを現地で見て影響を受けたのかな」  そんな尚子さんは帰国後、相手を見つけて36歳で結婚。周囲はかなり驚いたそうです。 「尚子の家族や友達はア然でしたよね。まるで男っ気なかったし、合コンもほとんど行ってなかった。それに、周りは既婚者ばかりで出会いもなくて『誘ってくるのは既婚者ばっかり!』などとボヤいてた。そういう意味では、くすぶっていたのかな」  そんな尚子さんが帰国後に結婚したのは、「フランスに行った効果。恋愛や結婚に対する姿勢が完全に変わったから」と聖美さんは笑います。
次のページ 
「iPhoneって何?」と言っていた親友が、IT業界に転職
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ