Lifestyle

コスプレイヤー女性の悲鳴。写真詐欺と言われ、ネットに顔をさらされて

「詐欺」「期待はずれ」と言われて……

 その日はSNSでも告知してイベントに参加したので、ネットでの知り合いもたくさん会いに来てくれました。 「でも、囲んで写真を撮る人の中に、小首をかしげながら小さな声で『詐欺乙すぎる』『期待はずれだったわ』などと吐き捨てていなくなる人たちがいて……。その後すぐSNSをブロックされた人もいたし、後々になってコスプレ系の掲示板で無加工写真を晒されたりもしてしまって。なんて冷たい現実なんだろうって絶望しましたコンプレックス SNSには自撮りやコスプレをアップする界隈がありますが、それを叩くためにあえて見にいくような人もいます。そんな好奇の目に晒されて、一度はコスプレをやめようかと思ったこともあったそうです。 「知り合いに晒されたことがトラウマで、一度はアカウントを消しました。でも、ネットでばかり生きてきたから、一人でいるのは寂しくて、また宅コスのアカウントを始めて」

わざとアゴを骨折しようと、ビルから飛び降りたことも

「ネットで晒されてからはまた、整形手術を考えるようになったけど……やっぱり田舎のOLに出せる額じゃないし、親になんて説明すればいいかも分からない。一度は悩みに悩んで、アゴを骨折したりしたら、整形手術が保険適応になるんじゃないかと思って、ビルから飛び降りてみたこともありました。結局その時は、脚を骨折しただけ。  叩いたら折れたり、凹んだりしないかなと思って、今でも毎日寝る前に20回くらいアゴを殴ります。まだ私のアゴは長いままだし、コロナがあってもなくても、私は人前では一生マスクが取れません」  1日20回、1年で7300回も自分のアゴを殴り続けているという松田さん。彼女はこのまま一生、自分のコンプレックスに飲まれたままなのでしょうか――。 ―私のコンプレックス― <取材・文/ミクニシオリ イラスト/とあるアラ子>
ミクニシオリ
1992年生まれ・フリーライター。ファッション誌編集に携わったのち、2017年からライター・編集者として独立。週刊誌やWEBメディアに恋愛考察記事を寄稿しながら、一般人取材も多く行うノンフィクションライター。ナイトワークや貧困に関する取材も多く行っている。自身のSNSでは恋愛・性愛に関するカウンセリングも行う。Twitter:@oohrin
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ