Gourmet

冷凍ピザがパリッと焼けるピザストーン、本当においしいか試してみた

 石窯で焼いたような、本格的なピザがお家で楽しめると話題のピザストーン。 ピザストーンでピザを焼いてみた 食材の水分や油分を程よく吸収してくれるため、パリッと焼き上がるのが魅力です。ピザをのせて焼くだけなので使い勝手も良さそうですよね。  そこで今回は、ピザストーンで冷凍ピザを焼いてみました。冷凍ピザがどこまで美味しくなるのかを検証します!

デロンギ社のピザストーンは丸型と角型の2種類

 デロンギ社のピザストーンは「丸型」と「角型」の2種類あります。今回は、丸型のピザストーンを購入しました。
デロンギ社のピザストーンは丸型と角型の2種類

デロンギ社のピザストーン

 ピザストーンは、1,300℃の高温で粘土を焼き上げたもので、温度変化に強く丈夫なんだとか。触り心地はザラザラで、珪藻土マットに似ています。  水をつけてみるとスーッと吸収してくれたので、ピザがパリッと仕上がりそう!
水がスッと消えました

水がスッと消えました

作り方は簡単!ピザストーンにピザをのせて焼くだけ

作り方は簡単!ピザストーンにピザをのせて焼くだけ 使い方は簡単で、ピザストーンに食材をそのままのせて焼くだけ。取扱説明書によると、ピザストーンを予熱してから使うことが重要だそうです。 【使い方】 1. オーブンにピザストーンを入れて調理温度で予熱する 2. ピザをのせて焼く  今回は、オーブントースターを使用しました。調理温度のMAXである250℃でピザストーンを予熱。
250℃でピザストーンを予熱

1. オーブンにピザストーンを入れて調理温度で予熱する

 ピザストーンが熱くなったら、冷凍ピザをのせて、パッケージ記載の時間を目安に焼きます。
2. ピザをのせて焼く

2. ピザをのせて焼く

 もともと焦げ目がついているタイプの冷凍ピザなので、焼く前から焦げ目があります  10分ほど焼いたら……。めちゃくちゃ美味しそうなピザが完成!!
美味しそうなピザが完成

美味しそうなピザが完成!

 置き場所に少し困りますが、ピザストーンはお皿代わりに使いましょう。ピザストーンが保温してくれるので、熱々が長持ちするそうです。
次のページ 
美味しそうなのに食べてガッカリ…
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ