Gourmet
Lifestyle

「納豆巻き」こぼさずに食べられる?“のり”の「意外な使い方」で楽勝です

ハンバーガー/分厚いバーガーのピックは抜かない

 ファストフードのハンバーガーは食べる前に、紙の上から全体を押さえ、4本の指を揃えてしっかり持って食べて。ピックが刺さった分厚いハンバーガーの場合、ピックに補助してもらいます。バーガーを上から軽く押さえ、ピックをグッと押し込んでください。ピックの手前からフォークで押さえ、ナイフで切っていただきます。

太巻き/のりをしっかりと嚙み切る

上品な人に見える 食事のマナー

一番太いところを箸ではさみ、水平にして口に運びます。

 太巻きは側面に貼りついた湿ったのりを、しっかり嚙み切ることがポイント。つかむときは、箸で側面をしっかりはさんで持ち上げます。口に入れたら歯でのりを嚙み切って、ごはんと完全に切り離してください。のりの一部がついていると、それに引きずられるように具がポロポロと落ちます。手で食べるときも同様です。 【小倉朋子(おぐら・ともこ)】 (株)トータルフード代表取締役。テーブルマナーと食の総合教室「食輝塾」主宰。亜細亜大学、東京成徳大学講師。フードコーディネーター、フードコンサルタント、ダイエットコンサルタント。マナーや歴史、メンタルなど食にまつわる知識を総合的に指導する教室を主宰。講演、執筆、メディア出演のほか、飲食店のコンサルティング、メニュー開発など幅広く活動。 <構成/女子SPA!編集部>
女子SPA!編集部
大人女性のホンネに向き合う!をモットーに日々奮闘しています。メンバーはコチラ。twitter:@joshispa、Instagram:@joshispa
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ