Lifestyle

「神を信じればガンは治る」ガン患者を勧誘する夫に怒り爆発!妻の決断は

身勝手な夫に押し切られ…友人を食事に誘うことに

「自分の意見は絶対に正しいと夫は思っているので、私に何度も『Aを家に呼べ。食事でもしながら話そう』と迫りました。 仕事が忙しいそうだから無理と返しても、『だったら俺が話す』と言い出してスマホを奪おうとするので、もう仕方なくて」 ローストビーフをもてなす女性そのときを思い出して深くため息をつく優子さんでしたが、結局夫に押し切られて女友達に連絡し、自宅での食事に誘いました。 「『あなたの病気のことを夫に話したの、ごめんなさい』って、まず謝ったんですね。 夫がこんなことを言い出すなんて思わなかったから、本当にうかつだったと思います」 勝手に病気を身内に話した優子さんに対して、友人は「気にしてないよ、初期だから全然軽いし、私も実感がなくて」とすぐに返信をくれてほっとしたそうです。 この女友達は優子さんがその宗教に入信しているのは知っていましたが、あまり良く思っていないことも聞いていたため、「夫が参拝とか勧めてくると思うけど、スルーしてね」というメッセージに「OK。うまくやるわ」と返してくれます。

「俺の神さまを信じればすぐに治るから」

女友達を夕食に招いた日。 優子さんが何よりもショックだったのは、「友人に病気について確認するでもなく、体調を気遣うこともなく、いきなり宗教の話を始めた夫の姿」でした。 「乳がんなんだって? そんなの、俺の神さまを信じればすぐに治るから大丈夫。 信者のなかには神さまを頼って病気が良くなった人が何人もいるし、君もお願いすればいい」 優子さんお手製のローストビーフやバケットが並ぶ食卓で、「いただきます」の後、夫は唐突に切り出したそうです。 宗教の勧誘デリカシーがまったく感じられない優子さんの夫に、友人は「目を見開いて体を固くしていました」と優子さんは肩を落としました。 友人は、「気を使ってくれてありがとう」と夫にまずお礼を言いましたが、その後は「乳がんといっても初期だし、そこまで大げさなものじゃないから」とだけ返し、すぐに別の話題を振ってくれたそうです。
次のページ 
さすがに頭にきて…夫に伝えた言葉
1
2
3
4
5
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ