Entertainment
Lifestyle

新垣結衣のCMで話題の北海道弁。地元の人はホントに使ってるの?

 今やすっかり冬の風物詩となった新垣結衣さん出演の明治の冬季限定発売チョコレート『メルティキッス』。
(画像:株式会社レプロエンタテインメント プレスリリースより)

(画像:株式会社レプロエンタテインメント プレスリリースより)

 今年は「プレミアムショコラ」「フルーティー濃いちご」「初摘み濃抹茶」の3つのラインナップで10月11日より北海道で先行販売、25日からは全国で発売が始まりましたが、今回は北海道限定の音声CMで新垣さんが初めて北海道弁に挑戦。「なまら」や「したっけ」、「食べるべ」と方言の入ったセリフを喋り、大きな話題となっています。  北海道は本格的に開拓が始まったの明治以降。先住民のアイヌ民族や道南の一部地域に住んでいた人たちを除くほとんどは道外からの入植者。本州以南に比べると歴史が浅いため、方言がないと思っている人も少なくないようです。

「なまら」はアラフィフ以下の男性が使うイメージだが地域差も

 CMで新垣さんは「なんまら美味しい」と語っていますが、この「なんまら」は「なまら」を強調した言葉。北海道出身の俳優・タレントの大泉洋さんがよく使っていることでも知られていますが英語では「very」や「so」に相当し、「とても」や「すごく」、「超」などの意味合いで使われます。  ただし、道産子(どさんこ=北海道っ子、北海道出身者)ライターの筆者の印象では、年配の人々が使っている場面をあまり見たことがありません。日常的に「なまら」を用いて会話するのはアラフィフ以下の世代で、しかも圧倒的に男性が使うイメージです。
(画像:株式会社レプロエンタテインメント プレスリリースより)

(画像:株式会社レプロエンタテインメント プレスリリースより)

 そこで新垣さんと世代が近い20~30代の道内在住の女性に話を聞いてみました。みなさん、言葉自体は知っていたものの、「家族で使うのはお父さんだけと弟だけ。お母さんも私も使わない」(27歳・札幌)、「友達と会す時はたまに使うけど、女子で『なまら』って言う子はそんな多くない」(23歳・帯広)など女性の使用率は低めの様子。なかには「子供のころ、母に『男言葉だから使っちゃダメ!』と叱られた」(32歳・旭川)なんて人も。  ちなみにこの「なまら」は新潟弁としても有名で意味は同じ。実は、北海道民には新潟にルーツに持つ人が多く、「母方のご先祖様が新潟からの移住者。亡くなったおじいちゃんに『もともと新潟の浜言葉』と聞いたことがあります」(35歳・札幌)と気になる証言も。  さらに「函館出身ですが、両親や親戚など周りの大人たちは結構な頻度で使ってた」(38歳・函館)なんて話もあり、同じ北海道でも地域によっては昔から使われていたようです。それが何かの拍子に道内全域に広まったのかもしれません。他にも、テレビの影響で使われるようになったという説もあるようです。

「したっけ」は別れの挨拶言葉としても使用

 続いては「したっけ」。CMでは「したっけコート着て、チョコレート買いに行こ」と語りかけていますが、これは道産子の間では「なまら」以上に使われている言葉。筆者も日常生活の中でつい口にしてしまいます。  意味としては「じゃあね」「またね」のような別れ際の挨拶、もしくは「それでは」「そうしたら」などの接続詞として使う2つのケースがあり、CMでの新垣さんのセリフは後者。ただし、道外の方からすると、「何が『したっけ』なんだ?」と理解できない方も多いようです。
(画像:株式会社レプロエンタテインメント プレスリリースより)

(画像:株式会社レプロエンタテインメント プレスリリースより)

 以前、札幌ススキノのスナックで働いていた女性は、「地元のお客さんは『したっけ』と言って帰るし、私たちお店の女の子も『したっけね~』って見送ってました」(33歳・札幌)と当時を振り返り、夜の世界は当たり前に使っていたとか。  また、夫の転勤で道内に引っ越した女性は、「友達の影響を受けたのか1か月もしないうちに小学生の息子が会話の中で『したっけ』を連発。親しくなったママ友も当たり前のように言ってくるし、気づいたら私も無意識のうちに使ってました(笑)」(37歳・帯広)とすっかり道産子化。  それでも北海道民の中には方言だと認識していない人もいて、「進学で上京後、大学の友達に使ったら全員にキョトンとされた」(22歳・旭川出身)、「自分は方言を使わないって話をした後、『したっけ』と口にしたら全員から総ツッコミ。そこで初めて方言だと知りました(苦笑)」(29歳・室蘭)といった経験を持つ人もいるようです。
次のページ 
語尾に「~べ」を付ける女性はあざとい?
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ